• TOP
  • 国内
  • 小室圭さん、2年で1000万円の調達必要 宮内庁職員の溜息

国内

2019.04.12 16:00  女性セブン

小室圭さん、2年で1000万円の調達必要 宮内庁職員の溜息

新たなお金の問題が浮上した小室さん(共同通信社)

 米ニューヨークでは4月中旬から5月上旬にかけて、セントラルパークやブルックリン植物園で満開の桜を楽しめる。住民や観光客が春の訪れを実感するひとときだ。

 ただ、ニューヨークの中心街にあるフォーダム大学ロースクールに留学中の小室圭さんには、それを愛でる余裕はなさそうだ。

「小室さんが受講するLLM(法学修士)コースは昨年9月に始まり、この5月で修了する9か月間のコースです。修了を前に、5月には連日のように期末試験がある。寝食を惜しんで勉強に没頭しているはずです」(事情を知る大学関係者)

 いつもジャケットを羽織り、黒いビジネスバッグ片手に授業に出ているという小室さん。忙しくて美容院に行く暇もないのか、留学前のこざっぱりとした短髪ではなく、前髪を後ろにかきあげた“ロン毛スタイル”になっているという。

「小室さんが気をもんでいるのは、試験のことだけではありません。実はこの4月、大学側は小室さんの留学計画の今後を左右する“重大な決定”をすることになっています」(前出・大学関係者)

 小室さんは昨年2月、眞子さまとの結婚行事の「2年の延期」を発表した後、同年8月に「3年間の留学」のためにアメリカへと旅立った。

 一体いつ結婚するつもりなのか。そもそも秋篠宮さまが反対姿勢をとる中で、本当に結婚できるのか──そんな曖昧な状況が続いている。小室さんの留学については、こう報じられていた。

《小室さんは1年間の修士課程に入った後、さらに2年学んで法務博士の学位取得を希望しているという。奨学金制度を利用するため、授業料は免除される》(時事通信社、2018年7月6日)

 小室さんが秋篠宮さまや眞子さまに説明した内容も同じだろう。フォーダム大学のホームページを見ても、小室さんは前述のLLMコースを修了した後、2年間のJD(法務博士)コースへの進学を希望していると書かれている。

 問題は、「留学費用」だ。普通に考えれば、母・佳代さんと元婚約者の間で約400万円の借金問題がある小室家が、3年間で2000万円以上かかる“セレブ留学”の授業料を捻出できるのは不自然だ。だから、「奨学金制度を利用する」と説明したのだろう。ところが、その説明には事実と異なる内容が含まれている。

「たしかに、9か月間のLLMコースについては、約200人の留学生の中でたった1人だけが選ばれる『マーティン奨学金』を受けています。

 その制度はかなり恵まれた好条件で、授業料の年間約6万ドル(約660万円)に加え、教科書や参考書などの書籍代、ニューヨークの一等地で暮らす寮費、さらには日米の往復の航空券代までカバーされて、しかも返済不要です。年間1000万円ほどが支給されたはずです。

 しかし、その制度はLLMコースの限定です。小室さんが今年9月から受けようとするJDコースには用意されていません」(前出・大学関係者)

 JDコースにも他の奨学金制度があるが、最高でも「学費免除」までで、ニューヨーク中心街にある寮費や生活の諸経費はまかなえない。支給される額は、年間1000万円ほどかかる留学費用の半分程度だ。

関連記事

トピックス