• TOP
  • 芸能
  • 松田龍平と恋人・モーガン茉愛羅、野村周平を巻き込む修羅場

芸能

2019.05.15 16:00  女性セブン

松田龍平と恋人・モーガン茉愛羅、野村周平を巻き込む修羅場

ファッション誌、CM、女優としても活躍するモーガン

 薄暗く落ち着いたインテリアが並ぶ店内で、モーガンは終始うつむきがちでソフトドリンクを、野村と琉花は白ワインを飲んでいる。顔を寄せ合って話しているが、ときおり大きな声が響く。

「誕生日だよ! そばにいたいし、いるでしょ普通! なんで二次会行くの? この状況なら早めに帰ってくるでしょ。もう別れたくなるよ!」

 そう涙を流し叫んだのはモーガンだった。居合わせた客が言う。

「この店はモデルやアーティストのお客さんが多い隠れ家バー。とはいえ、彼らはあまりに無防備だった。酔っていたのか、他のお客さんがすぐそばにいるのに、大声でセンシティブな内容の会話を連発していました」

 涙に触発されたのか、野村らはモーガンを擁護し始めたという。

「ヘイヘイ(龍平)は、ことの重要性をわかっていない!」と琉花が憤れば、野村も、「この件はいつもと同じ対応じゃダメ。ヘイヘイは逃げちゃダメだよ!」と同調する。

 琉花はますますヒートアップし、「今からヘイヘイに電話する。それで、茉愛羅(モーガン)のことをどう思ってるのか聞くよ!」とスマホを手に取ると、野村が「それは話がややこしくなる! 茉愛羅とヘイヘイが話し合って解決しなきゃ!」と止めにかかる。それでも電話をかけようとする琉花を、野村が仕方ないというように羽交い絞めに。すると、琉花が絶叫した。

「だって茉愛羅の体のこと考えてよ! ヘイヘイにも責任あるじゃん!」

 それを聞いて、モーガンはさらに深く首をうなだれて、声を絞り出した。

「もう限界。心も体も…これから話し合うけど、明日、別れてるかもしれない」

 重い空気が流れていたが、彼女は午前2時になると1人で店を出た。そこへ現れたのは二次会終わりの龍平本人だった。ふたりは無言でタクシーに乗り込むと、龍平の自宅へと帰って行った。

「将来について考えるべき事態に直面して、彼女は真剣に話したかったのに、彼の方が煮え切らない。そんな中で彼女は誕生日会にも呼んでもらえず、しかもその会には元妻や娘も来ると聞き、感情がセーブできなくなったようです。けんかしてすぐに、親友の琉花さんに連絡をして、急遽、集まったようです」(前出・モーガンの知人)

 龍平にも事情がある。松田家にとって誕生日は大切な家族のイベントだ。

コメント 27

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス