• TOP
  • スポーツ
  • 著名人の不倫騒動 「妻からの謝罪」で得する人、損する人

スポーツ

2020.10.09 11:00  女性セブン

著名人の不倫騒動 「妻からの謝罪」で得する人、損する人

 そういえば、貴城けいサン(46才)もブログで「今回はお騒がせしてしまい大変申し訳ございません」と謝罪をなさったんですよね。貴城サンの場合、夫・喜多村緑郎サン(51才)の不倫相手、鈴木杏樹サン(51才)に対する“魂の叫び”や、その後、しばらく止まらなかった喜多村サンの悪評の方が印象的だったので忘れてしまっていました。

 こちらは、喜多村サンが貴城サンに「一生頭が上がらない」パターンでしょうね。裕福だといわれる貴城サンのご実家からもサポートを受けているという喜多村サンですから、その意味でも……です。

 そういえば、山口達也さんの元妻・A子さんが『バイキングMORE』(フジテレビ系)からの独自取材にメールでメッセージを寄せましたね。かなりの長文の中、「世間をお騒がせしたこと」を2度、詫びたA子さん。このことはいずれ、山口さんに届くのでしょうか。そして、吉凶どちらに転じるのでしょうか。

 こうして振り返ってみると、「素早く、時間制限なしで、正直に」が成功の鍵といわれる当人の謝罪会見とは異なり、妻からの謝罪には、いまのところ“正解”がありません。もしもいま、悩んでいらっしゃる“奥様”には、安藤桃子さん(映画監督)、安藤サクラさん(34才)という2人の天才を育て、あんなに“お遊びズキ”だった夫を“孫バカ”にさせた「安藤和津サンを目標にして」と、お伝えしておきます。

 不倫夫の始末は、奥田瑛二サン(70才)が監督をし、ファミリーが一丸となってPRに励んだ末、世界で評価された映画のタイトル同様、「長い散歩」と割り切ればいいのかもしれません。

■構成/山田美保子
『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ〜テレ)、『アップ!』(同)、『バイキング』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。

※女性セブン2020年10月22日号

関連記事

トピックス