芸能

読者が選んだ「実現したら最高な紅白歌合戦」タモリ司会、明菜と永ちゃんが歌リレー

「もし実現したら最高な紅白歌合戦」シナリオを作成

「もし実現したら最高な紅白歌合戦」のシナリオを作成(写真/女性セブン)

「若者に媚びている」「中高年は切り捨て」──2022年の紅白歌合戦の出場歌手が発表されると、大きな批判が沸き上がった。ならば、理想の歌合戦を自分たちで決めようではないか! ということで、「週刊ポスト」読者1060人のアンケートを実施。数多く票の入った司会者と歌をもとに、「もし実現したら最高な紅白歌合戦」シナリオを作成した。夢の紅白歌合戦はどうなる?

 * * *
「そろそろ行ってもいいかな?」「いいとも!」

 司会のタモリの一声で始まった“最高の妄想紅白”は大島優子、指原莉乃らが一夜限りの復帰をしたAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」で幕を開けた。

 中盤、出場3回目の中島みゆきが初めてNHKホールでメドレーを歌い終えると、「白組は44年前、私と熱愛を噂された松山千春さんです」と紹介。ギターを持ってステージ真ん中に座った松山は「紅白は拒否してきたけど、みゆきとの対決だから特別に出た」と延々と語り始める。控え室では北島三郎が「俺たちの歌う時間がなくなるじゃないか!」と激怒。松山の話は8分にも及んだが、ダン池田が超高速テンポでニュー・ブリードを指揮して(※1)事なきを得た。

【※1:ダン池田とニュー・ブリードは、第25回(1974年)を除き、第23回(1972年)~第35回(1984年)に伴奏を担当】

 終盤に差し掛かり、2022年で引退の加山雄三が登場。「君といつまでも」を熱唱すると、奇抜なイントロが流れる。加山が「『仮面ライダー』! じゃなくて『仮面舞踏会』!」と紹介すると少年隊が踊り始めた。横で手拍子しながら見守った加山は「36年越しの曲名訂正(※2)で、心置きなく引退できます」と泣いた。

【※2:第37回(1986年)で、白組司会の加山雄三が少年隊を紹介する際に「仮面舞踏会」を「仮面ライダー」と言い間違えた】

 夜11時を回ると、ついに中森明菜が姿を現わした。「飾りじゃないのよ涙は」「ミ・アモーレ」を歌い終えると、お辞儀しながら「ありがとうございました」と呟いた。異例のMCで「皆さんのおかげで復帰できました」と

 感謝を述べた明菜は「16年前にカバーさせていただいた、私の大好きな矢沢永吉さんの曲を歌わせてください」と「チャイナタウン」を披露。2番になると、舞台袖から矢沢が登場する。何も知らなかった明菜は思わず嗚咽。矢沢は明菜の肩を抱き寄せ「よく頑張ってきたね」とねぎらう。その時、カメラは感涙する松田聖子を捉えていた。

「止まらないHa~Ha」のイントロが流れ始めると、矢沢のもとに桑田佳祐や松任谷由実、SMAPなどがタオルを持って集まる。聖子は明菜の元に駆け寄り、観客も総立ちに。矢沢が「カモン!」と叫ぶと、無数のタオルがNHKホールに舞った。手持ち無沙汰の客がマスクを上に放り投げると、総合司会の桑子真帆が「マスクを投げるのはお辞めください」とアナウンスする異常事態に。

 狂喜乱舞の中、ちあきなおみが30年ぶりに公の場に立つ。「喝采」を披露すると、地鳴りのような拍手が巻き起こった。大トリは43年ぶりに紅白に帰ってきた山口百恵。ステージに置かれたマイクを拾い、「いい日旅立ち」を歌うと、無言でNHKホールを後にした──。

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン