国内

愛子さま“就職”を選択した背景に雅子さまからの後押しか 「皇族も社会人経験が必要」託された思いと母娘の強い絆

愛子さまは就職を選ばれた

雅子さまはかつて外務官僚。愛子さまは今回、就職を選ばれた(写真/JMPA)

 雅子さまはかつて外交官として第一線でご活躍され、皇室に入られてからも、そのお力を遺憾なく発揮されてきた。愛子さまが選ばれた「就職」という進路からは、実務経験を皇室でのご活動に生かされてきた雅子さまへの憧憬、そして、母娘の強い絆が感じられる。

「こういうふうに役立っているのはありがたいです」

 雅子さまは、昭憲皇太后から歴代皇后が受け継いだ「ご養蚕」で採れた絹糸が使われている宝物をご覧になり、しみじみとご感想を述べられたという。1月23日、天皇皇后両陛下は、明治神宮の杜に佇む明治神宮ミュージアム(東京・渋谷)を訪問された。この日の雅子さまは、ベージュのパンツスーツに同系色のスカーフを合わせられており、いつになく穏やかな表情だった。

「依然として療養中ではあるものの、ご体調の波は安定しつつあるようです。加えて、愛子さまの就職内定も、雅子さまの好調を支える大きな要因でしょう。その日は、就職内定発表の翌日でした。愛子さまの就職が国民から好意的に受け止められたことに、雅子さまは安堵されていたのかもしれません」(宮内庁関係者)

 学習院大学卒業後、愛子さまは4月から日本赤十字社(以下、日赤)で嘱託職員として働かれる。発表に際し、愛子さまは次のようなコメントを発表された。

「本年4月より日本赤十字社の嘱託職員として勤務することの内定をいただき、ありがたく思っております。日頃から関心を寄せている日赤の仕事に携われることをうれしく思うと同時に、身の引き締まる思いがいたします。これからもさまざまな学びを続け、一社会人としての自覚を持って仕事に励むことで、微力ではございますが、少しでも人々や社会のお役に立つことができればと考えております」

 就職内定の発表は1月22日。大学ご卒業後は、大学院進学か海外留学をされるとみられていたなかでの、サプライズ発表だった。

「報道各社に対してこの日、愛子さまに関する何らかの報告があることは、事前に知らされていたそうです。大学院の願書提出の締め切りは11日でしたが、愛子さまが提出をされていないということを掴んでいる社もあり、彼らの間では就職か、もしかしたら結婚もありえるのではないかとささやかれていました。

 さらに、就職と言っても、天皇家ご出身の方々で、研究職以外の就職先で、いわゆる会社員のような働き方を選ばれたのは、愛子さまが初めてです。そういった意味でも予想を裏切る展開でした」(皇室記者)

 両陛下のさまざまなご活動や、大学で受講された福祉に関する授業などを通じて福祉活動全般にご関心をお持ちになられていた愛子さま。日赤への就職は、自ら希望されたといい、今後は、公務と仕事を両立される予定だという。

「愛子さまは成年に際する記者会見で、災害ボランティアなどの奉仕活動に興味があることを明かされました。日赤への就職は、もちろん愛子さまご本人のご興味もあるでしょう。ただ、このタイミングで就職という選択をされた背景には、過渡期にある“皇室の事情”もありそうです」(皇室ジャーナリスト)

 岸田首相は昨年11月、皇室の抱える喫緊の課題である「皇族数の確保」と「安定的な皇位継承」を解決すべく、「安定的な皇位継承の確保に関する懇談会」を設立し、議論を本格化させた。

「懇談会は皇族数確保の方策として、『女性皇族が婚姻後も皇族の身分を保持する』などを提案する方向で調整に入ったそうです。つまり、愛子さまは、結婚後も皇室に残られる可能性が大きくなってきました。今後の議論の展開によっては、女性天皇として即位される可能性もあります。愛子さまは、天皇家の長子で、女性皇族でもある唯一無二の存在なのです」(前出・皇室ジャーナリスト)

 公務を担う成年皇族の数は減少の一途をたどる。もし愛子さまが学業に集中されたり、海外で生活されたりという状況になれば、おのずとほかの成年皇族の負担が増すことになる。

「愛子さまには皇室のお力になりたいというお気持ちがおありですから、公務との両立が可能な就職という選択肢を選ばれたのでしょう。ただ、何よりも念頭にあったのは、母の雅子さまをお支えしたいというお気持ちではないでしょうか」(前出・宮内庁関係者)

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン