国内

雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶

雅子さまの訪英が不透明に(写真/JMPA)

雅子さまの訪英が不透明に(写真/JMPA)

「先代」との別れから1年半も経たないうちに明かされた「現国王の大病」に、英国民は一様にショックの色を隠せないという。2月5日、英王室はチャールズ国王ががんを患っていることを公表した。1月に前立腺肥大症の手術のために入院した際、別の懸念事項が指摘され、検査の結果、がんが判明したという。

「国王は皇太子時代にがんに関連する慈善団体を支援していたことがあり、“公表することで、がんに対する理解の一助になれば”と公表に踏み切ったようです。ただ、英王室はがんの種類や進行度合いを明らかにしていません。

 今後は公務と並行してがん治療を行うため、一般市民の前に姿を見せる機会が大幅に減りそうです。国王本人は治療に前向きで、できるだけ早く公務に完全復帰することを望んでいるといいます」(在英ジャーナリスト)

 日本の皇室と、英王室のつながりは深い。天皇皇后両陛下は、1月の前立腺手術の時点で、駐日英国大使を通じてお見舞いの気持ちを伝えられていた。その後のがん公表に、雅子さまは胸を痛め、チャールズ国王の身を案じていらっしゃることだろう。実は、両陛下は今年5月、訪英する方向で調整が進められていた。

「昨年5月に行われた国王の戴冠式には、秋篠宮ご夫妻が参列されました。海外での戴冠式や即位式には天皇が参列しないのが慣例で、秋篠宮ご夫妻は天皇陛下が差し向ける『差遣』として、両陛下に代わってのご出席でした。そのため、雅子さまは国王に直接即位の祝意を伝えられていません。5月の訪英は、祝福、そして変わらぬ友好関係を確かめ合うための絶好の機会でもあります」(皇室ジャーナリスト)

 だが、チャールズ国王のがん公表により、両陛下の訪英日程は調整を余儀なくされるという。

「日本の天皇と皇后がやってくるとなれば、英王室も相応の準備をする必要があります。それが国王の負担となってはいけません。雅子さまとしては、国王にはまず治療に専念してもらい、再び元気に英国民の前に姿を見せてほしいとお考えでしょう。一方で、“訪英断念”には、複雑なお気持ちもあるのではないでしょうか」(前出・皇室ジャーナリスト)

 振り返ると、両陛下は2020年5月にイギリスを訪問される予定だった。

「英王室側からの招待によるもので、天皇の即位後、最初の海外訪問となるはずでした。新時代の到来を内外に示すにはうってつけの、華々しい機会になるはずだったのですが、新型コロナの流行によって、訪英は棚上げになってしまいました」(皇室記者)

 陛下と雅子さま個人としても、イギリスには深い縁がある。陛下は大学卒業後にオックスフォード大学に2年間留学し、ほかの学生と同じように寮生活を経験された。

「洗濯機の使い方がわからずに、部屋を泡まみれにしてしまったことは、いまでも語り草になっています」(前出・皇室記者)

 夏休みにはエリザベス女王から招かれ、一回り年上のチャールズ国王ともバーベキューや釣りを楽しまれた。陛下はこの2年間を後に「今日の私の生き方にどれだけプラスになっているか」と振り返られた。

 一方の雅子さまも、外務省時代にオックスフォード大学に留学された。国際経験の豊富な雅子さまにとって「皇室の国際親善の新時代を拓く」ことの始まりがイギリスとなるはずだったのだ。だが、訪英断念は別の意味も持っていた。

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン