国内

宮内庁のSNS利用解禁、美智子さまはいまだ登場せず 依存や誹謗中傷の問題に対する懸念をお抱きか

外出しづらいご状況にあったという(4月、東京・渋谷区。写真/JMPA)

外出しづらいご状況にあったという(4月、東京・渋谷区。写真/JMPA)

 宮内庁は皇室の情報発信を強化すべく、長年見合わせてきたSNSの利用をついに解禁した。国民に寄り添う皇室が、時代の移ろいとともに変化を遂げていくのは自然なことだ。そのような中でも、上皇后美智子さまは変化の中に潜む危機に警鐘を鳴らされている。

 例年より遅れて桜が満開を迎えた頃、美智子さまは今年になって初めて人前に立たれた。4月9日、「昭憲皇太后百十年祭」にあたり、天皇皇后両陛下、上皇ご夫妻、秋篠宮ご夫妻が明治神宮を参拝された。

 あいにくの花散らしの嵐の中、美智子さまが明治神宮に到着されたのは11時を過ぎた頃だった。白色のロングドレスに、小皿のような帽子を合わせられた美智子さまは、黒い傘を差されながらうつむきがちに歩を進められ、参拝を終えられた。

「足の具合が万全でないのか、時折職員の手を借りながら、いつも以上にゆっくりと歩かれていたように見受けられました。段差で足を取られ、よろめかれる場面もありました」(宮内庁関係者)

 ご表情は終始硬く、その瞳は憂いをたたえられているようだった。

 宮内庁は4月1日、公式インスタグラムの運用を始めた。アカウント開設からたった1週間で、フォロワー数は首相官邸の約29万人をゆうに超える80万人に達し、皇室への関心の高さを内外に示すことになった。

 宮内庁は、SNSのターゲットとして、主に若者を想定しているようだ。「X」や「Facebook」などほかのSNSと併用せず、インスタグラムのみを利用する理由を、宮内庁広報室はこう説明する。

「各SNSの特性を総合的に勘案し、インスタグラムでの発信を開始しました。インスタグラムについては、若年層を中心に高い利用率があると承知しています」

 すでに効果は出始めている。4日、皇居で行われた新任外国大使の信任状捧呈式の馬車列を一目見ようと、東京駅から皇居に至る行幸通りの並木道には多くの人が集まった。

「インスタグラムの告知を見て知り、集まった人が多かったそうです。宮内庁の狙いは若い人たちに皇室のご活動を知ってもらう、親しみを持ってもらうことでしょうから、馬車列の例は成功でしょう」(皇室記者)

 一方で、宮内庁がインスタグラムを始めたことによる懸念を指摘する声もある。

「SNSにより皇室が身近な存在になることは喜ばしいことですが、一方で、存在が軽くなり、敬愛の念が薄れてしまうのではないかという危機感もある。そうした事態は、やがて象徴天皇制の揺らぎに結びつく恐れも指摘されています」(前出・宮内庁関係者)

 SNSはその便利さで利用者を急拡大させている一方で、社会問題も引き起こしている。なかでも深刻なのが誹謗中傷だ。そもそも宮内庁がSNSを検討し始めた背景には、眞子さんの結婚をめぐる騒動が大きく関与しているとされる。

「眞子さんの結婚に対し、SNSを含むインターネット上には、批判および誹謗中傷が殺到しました。眞子さんが複雑性PTSDを発症した原因の一端を担ったとされています。宮内庁は情報発信力の弱さを問題視。時代のあり方に伴い正しい情報をタイムリーに発信すべく、SNS開設に向けて準備を進めてきたそうです」(前出・皇室記者)

 眞子さんに対する誹謗中傷に誰よりも心を痛められてきたのが美智子さまである。美智子さまは、眞子さんの苦しみを「家族全体の苦しみ」と表現された。

「美智子さまが日常的に目を通されるのは主に紙媒体であり、電子媒体に明るいわけではありません。それでも、SNSのはらむ依存や誹謗中傷などのリスクは社会問題として認識され、強いご懸念を抱かれているといいます」(前出・宮内庁関係者)

 4月9日現在、宮内庁のアカウントの投稿数は25。両陛下をはじめ、愛子さま、秋篠宮ご夫妻は登場されているが、美智子さまが映られている写真や動画は一枚もない。

関連記事

トピックス

亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン
2050年には海洋プラスチックごみが魚の量を上回ると予測されている(写真/PIXTA)
「マイクロプラスチックが心臓発作や脳卒中の原因になりうる」との論文発表 粒子そのものが健康を害する可能性
女性セブン
攻撃面では試行錯誤が続く今年の巨人(阿部慎之助・監督)
広岡達朗氏が不振の巨人打線に喝「三振しても威張って戻ってくるようなのが4番を打っている」 阿部監督の采配は評価するも起用法には苦言
週刊ポスト
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト