芸能

大舞台になればなるほど実力を発揮するカトパンの仕切り力

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、恐るべきカトパンの仕切り力について詳細レポート。

 * * *
 フジテレビの加藤綾子アナウンサーの仕切りを生で拝める機会に恵まれた。

 SMAPの香取慎吾クン主演の映画『ギャラクシー街道』の完成披露試写会(東京ドームシティホール)である。

 完成披露試写会や映画初日の舞台挨拶は、その映画に出資しているテレビ局のアナウンサーか、以前も書かせていただいた“映画コメンテーター”という肩書きを勝ち取ったフリーアナウンサー(もどき? 失礼)がつとめる。

 この映画コメンテーターの多くは、どういうワケかキャストや監督らに異様に馴れ馴れしく、記者や集まったファンにやや不評だ。

 逆に、テレビに出ているときより観客らにありがたがられるのが局アナ。思えば、局アナを生で見る機会というのは、一般の方にとって、それほど多くないのかもしれない。

 で、局アナによる仕切りについてなのだが、映画館やホールなどで多くの人を前にしたときと番組出演しているときとでは、その実力に大きな差がある場合が多いのである。

 これまで私が見てきたなかで、それが比例していたのはTBSの安住紳一郎アナだけと言っても過言ではない。もっとも彼の場合、出てきたときや、仕切り途中での笑いのとり方などが登壇している演者たちを超えてしまうことが多々あって、それはそれで、やや問題であるような気がする。

 その逆で、あの吉川美代子サンが実力をかっているTBSの江藤愛アナがドラマ『新参者』の初回試写を仕切った際は、新人のときだったとは言え、キャストから誤りを何度も訂正されるようなとっちらかり方だった。

 そして、以前、“軽部問題”と書かせていただいたフジテレビの軽部真一アナである。彼の場合、あれほどのベテランなのに番組の仕切りがマズかったり、多くの人を前にするとアガってしまうという欠点があるのだが、試写会や発表会の仕切りではさらに悪くなる。

 以前、当コラムで映画『HERO』の初日舞台挨拶で吉田羊サンのことを2度にわたって「吉田礼サン!」(役名の馬場礼子とゴッチャになってしまった)と紹介したことを書いた。

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン