• TOP
  • スポーツ
  • 2016年重大ニュース【スポーツ】「こりゃエエな。最高や」

スポーツ

2016.12.20 16:00  NEWSポストセブン

2016年重大ニュース【スポーツ】「こりゃエエな。最高や」

 2016年も『NEWSポストセブン』では数多くの記事を紹介し続けてきた。その中から編集部が、ネットで反響の大きかった記事を中心に、巷の重大ニュースとは、ひと味違う2016年の「重大ニュース」を厳選した。
 
 ここでは【スポーツ】編ベスト10を紹介。トップ3の記事については、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が解説する。(以下「」内は中川氏のコメント)

●2016年重大ニュース【スポーツ】編1~3位

【1位】


1998年5月、清原は3試合連続でホームランを放った

■清原和博 シャブ使い3戦連続HR「こりゃエエな。最高や」(2月)

「今年はスポーツ関連・薬物のニュースが多数ありましたが、これも今年の話なんですよね…。タイトルの法則としては『関西弁を使うと読まれる』というものがなぜかあり、この記事もその系譜に入ります。現役時代はシャブを使っていなかったという清原氏ですが、この記事の証言者は『使っていた』と言っているわけですね」

2016.02.15

もっと読む

【2位】


わき毛も海外選手の間では注目の的?(所属する「コナミスポーツ」HPより)

■海外選手 内村航平のわき毛に「なぜ処理しない」とザワつく(8月)

「リオ五輪で体操・内村が見事な金メダルを獲得した直後の話。日本のネットでも『なぜ内村はわき毛を剃らないのか』といった声が出るほか、むしろ『すがすがしい』という意見もあり、世界的な賛否両論を呼んだようです。ちなみに、1984年のロサンゼルス五輪の時の『アサヒグラフ』を読み直してみると、当時の東欧の女性アスリートの多くはわき毛がフサフサでしたよ」

2016.08.19

もっと読む

【3位】


畑正憲氏はアスリートを一種の動物として見ているようだ

■ジョコビッチの声は魅力的 「鳩が集まった」と畑正憲氏(9月)

「とにかく常人を超えているムツゴロウさん。動物研究の第一人者なだけに、テレビから流れるジョコビッチの声にハトが集まったという着眼点の鋭さにも納得できます。いや、単にジョコビッチの試合の時に庭にエサをまいただけでは…、なんて邪推はやめておきましょう」 

2016.09.15

もっと読む

●以下、4~10位

【4位】

■熊切あさ美 ヤクルト山田とマンション通い愛をキャッチ(8月)

 

【5位】

■前田健太の母「しばらく連絡取り合うことを拒否されていた」(4月)

 

【6位】

■「よくやった!」60代男性の68%が「浅田真央は引退すべき」(11月)

 

【7位】

■三田友梨佳アナと西武・金子侑司 破局報道あったが交際継続(10月)

 

【8位】

■長嶋茂雄の生家が廃墟化で近隣から苦情 不法投棄被害も(10月)

 

【9位】

■大谷翔平の来季年俸 いくらが「適切」なのか?(10月)

 

【10位】

■貴乃花の長男がイタリアで靴職人修行 学歴とはサヨナラ(3月)

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス