• TOP
  • 芸能
  • 元祖・スー女が語る相撲ブーム「ようやく時代が追いついた」

芸能

2017.04.22 07:00  NEWSポストセブン

元祖・スー女が語る相撲ブーム「ようやく時代が追いついた」

スー女のレジェンドとして有名(公式HPより)

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、相撲ブームを分析。

 * * *
 4月17日、フジテレビ広報部から『大相撲夏巡業「大相撲ODAIBA場所2017」』開催が発表されてからというもの、巷の“スー女”が、この話題でおおいに沸いている。

 フジテレビお台場移転20周年を記念した「大相撲ODAIBA場所」は、8月23日(水)、24日(木)の両日。臨海副都心青海R地区の「お台場特設会場」に、2日合わせて9000人の大相撲ファンが訪れる予定だ。

「お兄ちゃん」こと、第66代横綱・若乃花以来、19年ぶりに誕生した日本人横綱・稀勢の里が2場所連続優勝を果たし、件の若乃花と貴乃花による「若貴ブーム」以来とも言われる相撲ブームが到来。会場に連日「満員御礼」の垂れ幕が下がる光景が当たり前になってきた。

 実は、稀勢の里が横綱昇進を決める数年前からブームの兆しはあった。主役は女性ファンで、彼女たちは「スー女(じょ)」=相撲女子と呼ばれ、「カープ女子」(広島カープファン)や「プ女子」(プロレスファン)らと共にメディアに度々取り上げられている。

「スー女」たちは、イケメンの若手力士やハーフ力士をアイドルのようなニックネームで呼ぶのを始め、力士を「かわいい」と感じているようで、そうした層を取り込もうと、各種イベントもあるそうだ。LINEスタンプや、イケメン力士とのカラオケ大会もあると聞いた。

 芸能界にも「スー女」を自認している若手タレントは多く、「鉄子」(鉄道女子)としても知られる『ユアタイム』(フジテレビ系)キャスターの市川紗椰、ホリプロスカウトキャラバン出身者の山根千佳、AKB48の田名部生来。さらには、元大関・若島津(現・年寄・12代二所ノ関)と元アイドル歌手・高田みづえ夫妻の長女でモデルのアイリは、『PON!』 (日本テレビ系)で相撲解説をするほどだ。

 そんな「スー女」たちにリスペクトされ、ベテラン力士はもちろん、若手力士からも信頼されている“元祖・スー女”横野レイコさんに聞いてみた。

関連記事

トピックス