• TOP
  • 国内
  • 眞子さまと紀子さまの歩み 写真流出で細かい交際ルール設定

国内

2017.09.10 07:00  女性セブン

眞子さまと紀子さまの歩み 写真流出で細かい交際ルール設定

眞子さまと紀子さまの歩みには深い愛情が

 国際基督教大学(ICU)時代の同級生である小室圭さん(25才)との婚約内定を発表された秋篠宮家の長女・眞子さま(25才)。母である紀子さまとの関係は、決して平坦なものではなかった。

 2007年7月、眞子さまは山梨県で行われた『全日本高等学校馬術競技大会』に秋篠宮ご夫妻とともに出席し、本格的な公務デビューを果たされた。長年にわたって秋篠宮家を取材する皇室ジャーナリストの高清水有子さんが、当時の様子を振り返る。

「私の目から見ても眞子さまの緊張ぶりが伝わり、両殿下もご心配されているようでした。後日、紀子さまとお話しする機会があり『すごく緊張されていましたね』と私が言うと、紀子さまは『緊張のあまり、本当にどうなってしまうかと心配でした』と母心を打ち明けてくださいました」

 式典当日、眞子さまは馬をデザインしたペンダントをされていた。高清水さんがそれを紀子さまに伝えると、こう話されたという。

「実は私も馬のブローチをしていたんですよ」

 高清水さんがこう続ける。

「母と娘で同じ形のアクセサリーを身につけることで、紀子さまは『私も一緒よ』と緊張される眞子さまをリラックスさせようとされたのです。母娘の固い絆を強く感じました」

 ドキドキの「初めてのご公務」を無事に務められた眞子さまは、その後は精力的に公務に励まれるようになる。

 2008年4月には東京・上野動物園で初めての単独公務に臨まれた。愛媛県今治市から寄贈された野間馬・えりか号の記念式典だった。

「少し興奮気味だったえりか号の鼻を眞子さまが優しくなでられると、それまでの暴れぶりがウソのようにおとなしくなりました。眞子さまはエサの与え方も手慣れた様子で、立派にご公務を果たされました」(皇室ジャーナリスト・神田秀一氏)

 大人への階段を一歩一歩着実に上っていた眞子さまに“異変”が生じ始めたのは、2010年4月に国際基督教大学の教養学部アーツ・サイエンス学科に進学されたことがきっかけだった。

 そもそも皇族は学習院大学に進むのが慣習だったが、眞子さまは自由な校風や英語学習の質の高さなどに魅かれて、ご自分の意思でICUへの進学を選ばれた。そんな前代未聞の決断も紀子さまは温かく見守られた。

 晴れて“花の女子大生”となられた眞子さまは自由なキャンパスライフを堪能されるようになる。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス