• TOP
  • 芸能
  • 松本人志世界はお笑い原理主義 笑いというナイフで刺し合い

芸能

2017.12.24 07:00  NEWSポストセブン

松本人志世界はお笑い原理主義 笑いというナイフで刺し合い

『笑っていいとも グランドフィナーレ』でタモリ、明石家さんま、とんねるず、ウッチャンナンチャン、ダウンタウン、爆笑問題、ナインティナイン、が大集合し、勝負を繰り広げた。生放送、誰が笑いとったか明確な状況下。松本が吠え、太田がとぼける。少しでもスキを見せれば、イジられるなかでの戦い。

 松本は「昔のお笑いの世界は真剣で斬り合っていた」と例える。スタッフ、タレントにも派閥があったピリついた時代。『笑っていいとも グランドフィナーレ』は、殺伐とした空気感がテレビの画面に出た奇跡の瞬間であった。

 余談だが、テレビの申し子達を仕切ったのが「笑い」への飢餓感が薄い爆笑問題の田中だから面白い。

 それ以降、久しく見ない芸人同士のヒリヒリとしたやりとり。そこのみにスポットライトを浴びせたのが『ドキュメンタル』である。

 人を笑わせる行為に呪われた人々が、磨きに磨いた”笑い”というナイフでグサグサと刺し合う。

 お笑いファンが求めた「真剣で斬り合う時代の再現」を超える。事務所の境目が薄くなくなったゆえに、可能となった忖度なきドリームマッチ。

 松本人志は、映画製作で人生史上最も大きなスベりを披露。一連の作品群は、松本には珍しい寒いモノであった。映画を通して、世界的に才能を認めさせる目論見は失敗に終わった。

 だからと云って、“笑い”の造形力が目減りしたわけではない。

 大喜利、笑ってはいけない、すべらない話と新しい笑いのカタチを作ってきた松本。その真打が私的笑いと云える『ドキュメンタル』なのである。

 テレビの笑いを薄口に感じる人は、絶対に見るべきコンテンツだ。

関連記事

トピックス