• TOP
  • 国内
  • 眞子さま結婚延期 あまりに長い両陛下と秋篠宮さまの密談

国内

2018.02.24 07:00  女性セブン

眞子さま結婚延期 あまりに長い両陛下と秋篠宮さまの密談

試写会に足を運ばれた眞子さま

 眞子さまは2月16日、秋篠宮ご夫妻と、東北の被災地を描いたドキュメンタリー映画の試写会に足を運ばれた。

「ご結婚行事の延期が発表されてから2回目の公の場でしたが、眞子さまのお顔からは感情の揺らぎなどは見受けられませんでした。ただ1つ気になったのは、秋篠宮さま、紀子さま、眞子さまの順に入場されたあと、着席される際に秋篠宮さまと紀子さまが座席を入れ替え、眞子さまと紀子さまが秋篠宮さまを挟むようにされたことです。以前、皇太子ご一家が試写会にお出ましになったときには、皇太子さま、雅子さま、愛子さまという入場順のまま座られていたのに…。図らずも、眞子さまと紀子さまの間に『母娘の距離』を感じました」(皇室記者)

 2月6日のご結婚延期発表以降、世間の注目は「再来年」とされる眞子さまと小室圭さんの結婚の行方に集まっている。宮内庁は「ふたりの結婚の意思は変わらない」と強調するが、破談の可能性を噂する声は少なくない。

「小室さんや母・佳代さんにまつわる報道の中には、眞子さまがご存じなかったことが多く含まれていたといいます。戸惑いも覚えられたようですが、それでも眞子さまの“小室さんと一緒になりたい”という思いは揺らいではいないそうです。眞子さまと、結婚に“慎重”な周囲の考えに温度差が生じてしまっているようです」(宮内庁関係者)

 それが垣間見えたシーンがある。2月14日の昼、皇居では陛下と皇太子さま、秋篠宮さまによる「三者会談」が行われた。皇太子さまが皇居からお帰りになったのは13時半前。だが、秋篠宮さまが出てこられたのはそれから1時間半近くたった14時45分だった。

「その日、美智子さまは母校・聖心女子大学の関係者の弔問にお出かけになったそうです。お戻りは13時半頃。それから両陛下と秋篠宮さまでいろいろとお話しになったようですが、結婚が宮内庁のいう『単なる延期』ならば、あまりに長い“密談”です。美智子さまは、できるならば眞子さまの望む未来が訪れることを願われているはずです。しかし最近は、“もし破談となったら、眞子さまの心にどれだけの傷跡が残るか”といったことにまで考えを巡らされているそうです」(前出・宮内庁関係者)

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス