芸能

オリラジ中田敦彦も? 芸能界「干される」の実態とは

 干される理由としてマスコミでもたびたび取り上げられるのが、所属事務所からの移籍・独立だ。ギャランティなどの契約体制への不満が露呈した時にそうしたケースが多く見られる。「円満退社」も多いが、中には事務所とのトラブルが発生する場合もある。

「例えば、某タレントが、個人事務所を立ち上げようとしたことで揉めたというケースがありました。双方、直接このことについて触れている機会がないため真実のほどは定かではありませんが、トラブルのイメージがあって番組側からすれば“起用しにくい”と敬遠することは実際あります。それが“干された”というなら、そうなのでしょう」(A氏)

 これは別のタレントのケースだが独立後、業界関係者からテレビ局などに「使わないでくれ」とお達しが回ったこともあったという。それに従うかどうかは起用する側の判断となるが、先に述べたようにリスクを冒してまで起用に踏み切ることはないようだ。

 また、爆笑問題・太田光の妻で、彼らも在籍する個人事務所タイタンの代表・太田光代氏が、ニュースサイトで、こんなことを言っている。もともと彼らは太田プロダクションにいたのだが、「爆笑問題がいきなり太田プロを辞めてしまったんです。芸能界で絶対やってはいけない不義理を犯し、彼らは仕事を失いました」と振り返っている。さらに、「3年後ようやく太田プロに戻れそうだったのに太田が『戻らない』と言い出して。他の事務所に所属したらまた問題が出る。だったら私が事務所をやるしかないと覚悟してタイタンを立ち上げたわけです」。
 
 補足すると、爆笑の2人は、彼らをスカウトし、育ててくれた太田プロをわずか2年ほどで飛び出した後、仕事が激減。3年後、ようやく雪解けして太田プロから「戻ってもいい」と言われたのにそれを突っぱねたということだろう。

 彼らの仕事が激減した理由が、圧力なのか、忖度なのか、それとも当時の彼らの実力不足だったのかは不明だが、光代氏が彼らの独立を“芸能界で絶対やってはいけない不義理”だとして、それによって“仕事を失った”と語っていることは注目だろう。

◇視聴者からのバッシングも原因に?

 最近多いのが、不倫スキャンダルによる露出減である。これは主に視聴者からの嫌悪感が、今のSNS全盛の時代、1つの強大な力となってスポンサーやプロダクションに、そのタレントの起用を中止させる事態となっているというもの。これも結果的に「干される」ということの新しい動きと言えるだろう。

 人気タレントが突然、テレビからいなくなったらその時は、実は「干された」のかもしれない。(芸能ライター・飯山みつる)

関連記事

トピックス

西山茉希の姿
西山茉希「本気ミニスカも気だるいジャージもどっちも真実」恋する母のリアルな日常
NEWSポストセブン
司会をつとめる島田アナ(写真/JMPA)
「安倍氏国葬」司会の島田彩夏アナは「国葬委員会の指名」とフジ回答 抜擢背景に「後継候補の甥の古巣だから」説も
NEWSポストセブン
友人代表として「追悼の辞」を読み上げた菅氏(写真/JMPA)
菅義偉・前首相の弔辞に現場のマスコミ陣もすすり泣き 「銀座の焼き鳥屋」エピソード
NEWSポストセブン
式壇の様子
安倍氏国葬、武道館で「トイレ問題」発生中 男性用のみ行列、政治家が「これはまずい…」
NEWSポストセブン
阪神監督「再登板」が報じられた岡田彰布氏(写真は2008年)
阪神・岡田彰布監督再登板へ これで「掛布雅之監督」誕生の芽は永遠に潰えたか
NEWSポストセブン
「パパ活飲酒」を報じられた吉川赳議員。その吉川議員のパパも“逆ギレ”
パパ活問題・吉川赳議員の“実のパパ” 解任動議に「報じるメディアが悪い」と反論
週刊ポスト
笑顔を見せる坂本勇人(時事通信フォト)
巨人坂本の女性スキャンダル問題が収束せず CS進出なら“再炎上”で球団も苦慮か
NEWSポストセブン
独特のスタンスで2度目の賜杯を手にした玉鷲(時事通信フォト)
優勝の玉鷲 白鵬のモンゴルグループと交わらない姿勢貫き“鳥取事件”にも参加しなかった独自の立ち位置
NEWSポストセブン
香川照之(右)の騒動はあれほど報道していたのに…(左は時事通信フォト)
スキャンダルで炎上の香川照之、大メディアがスルーした坂本勇人 2人を分けた「スポンサー」の違い
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
国外避難は長期化している(写真/AFP=時事)
ウクライナ避難民女性と日本人身元保証人にトラブル続出 色恋からこじれるケースも
週刊ポスト