• TOP
  • 国内
  • 紀子さま、美智子さま流から雅子さま流へ変化の理由

国内

2019.07.28 07:00  女性セブン

紀子さま、美智子さま流から雅子さま流へ変化の理由

変化が見られる紀子さま(撮影/JMPA)

 5月に御代がわりを迎えて以降、女性天皇容認の期待が急激に高まっている。各紙の世論調査でも、《女性天皇に賛成は78.3%》(5月14日産経)、《「認めるべきだ」は76%》(同月13日日経)、《認めることに賛成は79.6%》(同月3日毎日)と、軒並み8割近くの人が賛成と答えている。7月21日に参院選も終わり、国政の場でも本格的な議論が開始されるとみられる。

 女性天皇が現実味を帯びることと、「愛子天皇待望論」の高まりは切り離せない。その一方で現在皇位継承順位第2位である秋篠宮家の悠仁さま(12才)の天皇即位は遠のいていくことにもなるだろう。

 そんななか、「悠仁天皇」への強い思いをお持ちの紀子さま(52才)は、雅子さま(55才)とのご関係にも、変化を見せられているという。

「2004年、当時の皇太子さまが、いわゆる雅子さまへの『人格否定発言』をされた時、秋篠宮さまが苦言を呈されたことなどから、兄弟両家の間の溝が囁かれてきました。

 また、長い療養生活で公務などを制限せざるを得なかった雅子さまに対し、お務めを完璧にこなされてきた紀子さまは、強い自負心とライバル心を抱かれてきたと報じられたこともあります」(皇室ジャーナリスト)

◆「雅子さまスタイル」へ

関連記事

トピックス