「ヤクザが刺されたり、撃たれたら、体から血が流れるだけやない。組織の看板にも穴が開いて流血する。体の傷なら針で縫い、薬を塗り、包帯を巻いて安静にしとけばええけど、看板は治療できない。ちょろちょろ流れ続ける血を止める方法はひとつ、相手をいわすことしかない」

 刺された直後、実話誌の見出しは一気にヒートアップした。

「山健組 潜伏部隊 血の報復Xデー」(『週刊実話』5月23日号)

 山健組は是が非でも報復せねばならなかったし、このタイミングは「井上組長への忠誠を示す誕生日プレゼントか」という憶測を呼んだ。

◆任侠による拉致事件も

 では弘道会を襲ったヒットマンは山健組の人間なのか? 事件から1週間が過ぎても実行犯は捕まっておらず、警察の捜査は全方位に向けて行なわれている。

 8月20日には長野県飯田市で、弘道会と、神戸山口組から分裂した任侠山口組が一触即発となっていた。弘道会野内組系の組長が、任侠山口組の組員らに拉致、暴行されたのだ。その後、解放されたとはいえ、大けがをして放り出されたのだから、弘道会としては見過ごせない。そのため、神戸の発砲事件が起きた直後、任侠山口組系の事務所も警戒の対象にされていた。

 與若頭を襲撃したのも、飯田の拉致事件も、六代目山口組側の当事者は弘道会野内組系という有名どころである。三代目弘道会で統括委員長を務める野内正博組長は、分裂抗争における弘道会側のキーマンと評され、他団体の幹部らからも「弘道会幹部だけに居丈高かと思っていたら、存外、腰が低く話が分かる」と評判がいい。だがそうなると正反対の悪評も付きまとう。

関連記事

トピックス

小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
閣僚のスキャンダルが続く岸田政権(時事通信フォト)
閣僚辞任ドミノの岸田政権、第1次安倍政権末期に酷似「年内か、来年1月まで」の声も
週刊ポスト
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
NEWSポストセブン