国内

雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活

腰に違和感を覚えられたという(6月11日、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)

腰に違和感を覚えられたという(6月11日、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)

 また、2019年、天皇陛下の即位に伴うパレード「祝賀御列の儀」の際には、沿道に詰めかけ手を振る国民の姿を目にされ、感無量のご様子だった。

「思うように公務ができないことに苦しまれていた雅子さまは、国民の祝福の様子を見て驚かれたそうです。そっと涙をぬぐわれる場面もありました」(前出・皇室記者)

 時代は令和に変わり、皇后というお立場で順調に快復されようとしていた。その矢先に起きたのが、新型コロナウイルスの流行だった。

「それまでは少なくないお出ましの機会を目標にしてご体調を整えていたので、波はありながらも、一定の調子を保てていました。しかし、コロナ禍で公務が急減したので、コンディションを保たれることが難しくなったといいます」(前出・宮内庁関係者)

 そんな状況下で行われたのが、御所への引っ越しだった。

美智子さまも戸惑われた

 それまで天皇ご一家のお住まいがあった赤坂御用地は、南側が国道246号、西側が新国立競技場や神宮球場のある明治神宮外苑と接している。

「周囲には平日・休日を問わず多くの人や車が行き交っています。時には球場の歓声や打ち上げ花火の音、赤坂消防署のサイレンが聞こえることもある。敷地内には宮内庁職員やその家族も住んでいます。赤坂御用地は、一般の人たちの生活音が入ってくる環境です」(前出・宮内庁関係者)

 御用地内には、秋篠宮邸や三笠宮邸、高円宮邸もある。当然、それぞれの職員がいて、巡回する皇宮警察官も多い。ひとたび御用地内を出歩けば、「誰かと顔を合わせる」ことは日常茶飯事だ。一方、皇居の御所はというと、鬱蒼と生い茂る森の中にある“ポツンと一軒家”だ。

「当然、敷地内にほかの皇族方のお住まいはありません。顔を合わせるのは数名の側近職員のみで、宮内庁庁舎で勤務する職員も、めったなことで『吹上地区』には近づけない。誰かに会いたくても、“会わない”し、“会えない”んです」(前出・皇室ジャーナリスト)

 当初は、そうした環境の変化は、雅子さまの快復に一役買うものとみられていた。

「雅子さまの適応障害の原因は、皇太子妃となられたことで、多くの人の視線が集まることになじまなかったからだと囁かれました。一方、静養などで訪れる那須御用邸の、自然豊かで静謐な雰囲気をいたく気に入られていたこともあった。療養中の一時期、生活リズムが少々乱れたことがありましたが、そのときにも、夜遅く静まりかえった赤坂御用地内を散策されていたことがありました」(前出・宮内庁関係者)

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン