芸能

最新芸能記事のRSS

永島優美アナは“ポスト・カトパン”に相応しくない!?

2016.02.13 07:00

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、ポスト・カトパンを考察。

 * * *
“ポスト・カトパン”は誰なのか。フジテレビ退社と同時に『めざましテレビ』を卒業するカトパンこと加藤綾子アナの後任がさまざま取りざたされている。

 三宅正治アナ・軽部真一アナの“おじさん同期コンビ”が居れば、正直、女子アナは誰が来たとしても番組は揺らぐことはないだろう。

 が、八木亜希子、小島奈津子、木佐彩子、高島彩、生野陽子、そして加藤綾子…と歴代のメイン女子アナはみな女性視聴者の支持率が高い人気者ばかり。後任の女子アナにはおのずとプレッシャーがかかろう。

 フジテレビに出入りをしている制作会社スタッフが言うことには、「意外にも局内では三上真奈が推されている」という。「何かにつけて『三上を使ってくれ』と言われる」と。確かに、カトパンに仕事が集中しすぎているという理由で、彼女が担当するバラエティ番組のアシスタントが三上になったことがある。

 が、あまりの力量の違いから、また加藤の仕事が増え始めたことは視聴者の皆さんもご存知のとおりだ。

 しかし、そう言われてみれば、『めざましテレビ』での三上アナの出番は一時期よりも増えている。以前は、「三上リポーター」と呼ばれ、アナウンサーなのかフリーなのかタレントなのか、よくわからない扱いを受けていた三上。その理由は、「あまりに女子アナの出演が多いため、あえて『リポーター』と呼んでいた」(同局局員)そうだが、最近ではやっと「三上アナウンサー」と、呼ばれ方でも昇格している。

 もう一人、“ポスト・カトパン”と言われているのは、『めざましテレビ』出演者ではない、久代萌美アナだ。『新週刊フジテレビ批評』でニュースを読んだり、取材に出たり、『さんまのお笑い向上委員会』でも力をつけてきている女子アナだ。

 カトパンが『ホンマでっか!?TV』で、明石家さんまや文化人らを仕切って、才能を開花させたように、久代アナも、さんまさんの脇で徐々に色を出せるようになってきている。特に、何をやり出すか予測不能なネプチューンの堀内健からの無茶ぶりで松下奈緒のCMの真似をやりきる久代アナは、さんまさんからも視聴者からも、期待を込めた高評価が聞こえてくる。

 そしてもう一人は、永島優美アナである。入社前から「いい子が入ってきてくれた」と同局幹部を喜ばせていた永島アナは、安藤優子から“カミカミ王子”と命名された元サッカー日本代表でスポーツキャスターの永島昭博氏の娘。関西の女子大生時代から他系列の人気番組のリポーターをしている“有名人”だった。

 いわゆる“パンアナ”としてもカトパン路線を歩んできた永島アナだったが、『ユミパン』は視聴率が悪く、その要因として、「永島アナが自分を出せていないこと」があげられていたものだ。

 新人だから、バラエティ番組で身体を張るようなこともさせられていたし、昨年の『27時間テレビ』はカトパンを休ませるため、永島アナは出ずっぱり。翌朝ももちろん『めざましテレビ』のスタジオに居た永島アナには、「疲れている」「元気がない」といった声も聞かれていたのである。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP