芸能

最新芸能記事のRSS

松居一代が船越ノートで見たという女性セブン記事全文公開

2017.07.07 16:00

 不可解なブログを更新しYouTubeに衝撃の独白動画を公開した松居一代。「船越英一郎 裏の顔」とい

 不可解なブログを更新しYouTubeに衝撃の独白動画を公開した松居一代。「船越英一郎 裏の顔」という動画では、“船越英一郎のノート”の存在を明かし、『女性セブン』に掲載された松居と船越に関する記事について、「この記事が出ることが船越のノートに書いてあったんです」と話している。つまり、松居は、船越が『女性セブン』に掲載された記事の内容を事前に知っていた──と主張しているのだ。

 その主張の真偽は別として、初めて夫婦の離婚危機が報じられたのは、『女性セブン』2016年1月28日号に掲載された『船越英一郎 松居一代を離婚! 「耐えて忍んだ15年」全記録』という記事。松居が「彼が犠牲者のような顔をして別れるためには、嘘をつく必要があったんだと思います」と話す、その記事とはどんな内容だったのか。その全文を掲載する。以下、女性セブン2016年1月28日号より(年齢などは当時のもの)。

 * * *
《妻はニコニコ 家事ガンガン 夫は忍耐で崖っぷち 温かくて!過激で!超おもしろい!船越家の日常》。松居一代のブログのトップページには、こんな文言が躍っている。"恐妻家"というイメージを松居自身が時に利用し、世間もまた笑いのネタとして受け入れてきた。なんだかんだでおしどり夫婦でしょ──そんな目で見てきた。しかし…。「崖っぷち」に立ち続けた夫・船越英一郎にとって、いつしか松居との生活は「温かくておもしろい」ものではなくなっていた。彼がひとつの決断を下すまでの、苦労と苦悩の物語。

 *
 黒のジャケットにジーンズ、日焼けした肌がまぶしい1人の男が、2つのキャリーバッグをカートに乗せて悠々と成田空港ロビーを歩いている。

 すれ違う人が全員振り返り、口々に囁きあう。

「ヤバいね! めっちゃカッコいいんだけど!」

 何気ない一コマでさえ絵になるこの男性は、船越英一郎(55才)。1月8日午後4時半、年末の28日より滞在していたハワイ・ホノルルから成田に帰国した。

 変装もせず、出迎えたマネジャーと落ち合うと、車に乗り込む。年末年始を留守にしていた自宅に戻るのかと思いきや、船越の向かった先は東京・お台場にある会員制の超高級ホテルだった。

 彼はこの日、会員権だけで4000万円超という同ホテルに宿泊した。

《主人がハワイから帰ってくるんですよ。(中略)家族が遠くにいるのは…やはり心配ですね。特に大黒柱がいないと寂しいものです。私はこう見えても寂しがり屋なんです》

 前日の7日、妻の松居一代(58才)はブログでこう綴っていた。

 一日千秋の思いで夫の帰国を待っていた松居だが、船越が妻の元へ顔を見せることはなかった。

 翌9日昼過ぎ、ホテルから出てきた船越が帰った先は、松居の待つ自宅ではなく、その近くにある別宅マンションだった。

「2011年4月に船越さんが自分名義で購入したマンションです。松居さんは“単なる衣装部屋だ”とメディアに説明してきましたが、実際には、家族と離れてひとりの時間を作りたいという船越さんの意向によって買われたものです」(船越の知人)

 現在も船越はこのマンションで過ごしており、年末から2週間以上、夫婦は一度も顔を合わせていない。

 船越のひとつの“決意”がここに表れていた。

「松居さんとの離婚を決めたのです。“別れることにしました”と、親しい人にはすでに報告しています。船越さんの意志は固い。この3か月間、松居さんとは一切会っていないそうですから。早ければ2月中にも離婚の決着をつけたいそうです」(船越を知る芸能関係者)

 2001年の結婚から15年。還暦を控えて夫婦の絆はプツリと切れた。

 船越が松居に“三行半”を突きつけた理由──。

 ひと言でいうならば、彼は疲れきっていた。

◆死ぬまで断絶し続けた松居と義父

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP