芸能

櫻井翔、三浦春馬、はるな愛も…赤坂御用地での知られざる宴

三浦春馬も赤坂御用地をお忍び訪問

 冷んやりとした風やコオロギの鳴く声に秋の気配を感じる頃になると、「秋の園遊会」の季節だ。今年も11月上旬に開催が予定されている。園遊会とは、毎年春と秋の2回、東京・元赤坂の赤坂御用地内にある庭園「赤坂御苑」で開かれる天皇皇后両陛下主催の宴会のこと。皇族方が一堂に会する重要な行事でもある。

「園遊会は1953年に始まり、60年以上にわたって行われています。招待されるのは国会議員や各県の知事、議長のほか、芸術、スポーツなど各界で活躍した人やその配偶者など総勢2000名以上の人たち。伝統と格式のある園遊会に招待されるのは栄えあることで、和服姿でビシッと決める女性招待客が多いですね」(皇室ジャーナリスト)

 ずらりと並ぶ招待客の前に、両陛下を筆頭に皇族方がゆっくりと歩みを進められ、お声がけをされて懇談を楽しまれるシーンはテレビでもおなじみだ。

 園遊会には芸能人も招待されて花を添える。近年では黒柳徹子(84才)、北大路欣也(74才)、松任谷由実(63才)、EXILE・HIRO(48才)ら大物が招待客に名を連ねた。

「主催こそ両陛下ですが、招待客を決めるのは“お役所”です。内閣府が各省庁からの推薦を取りまとめて、宮内庁に招待リストを提出して招待客が決定されます」(前出・皇室ジャーナリスト)

 つまり、招待客と皇族の個人的なつながりは考慮されず、あくまで活躍や話題に応じてお声がかかるのが基本。その点、昨春の園遊会に招待された黒柳は例外のケースだろう。

「黒柳さんは美智子さまと個人的に長い交流を持たれています。おふたりの年齢は1つ違い。約40年前に黒柳さんが米国のろう者劇団を日本に招聘した際、美智子さまが公演を鑑賞されて以来のおつきあいだそうです。黒柳さんがプライベートで頻繁に皇居に招かれ、美智子さまとお茶を飲みながら語らわれていることは有名です」(ベテラン皇室記者)

◆御用地内のワインパーティー

関連記事

トピックス

デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
鮎川さんと陽子さん。談笑するふたり(2022年5月撮影)
「シーナ&ザ・ロケッツ」鮎川誠さん、最後のバースデーライブで見せていた元パリコレモデル娘との“ひととき”
NEWSポストセブン
頻繁な社長交代が経営にどう影響するか(フジテレビ本社)
《速報》伝説の番組『オールナイトフジ』が4月から32年ぶり復活へ 司会に内定した「売れっ子芸人」の名前
NEWSポストセブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン