• TOP
  • 芸能
  • 芸人No.1 サンドウィッチマンの人気表す5つのキーワード

芸能

2018.06.02 07:00  女性セブン

芸人No.1 サンドウィッチマンの人気表す5つのキーワード

サンドウィッチマン・ツッコミの伊達みきお

 現在15本のレギュラー番組を抱える超売れっ子のお笑いコンビ・サンドウィッチマン。毎年恒例の『日経エンタテインメント!』(日経BP社)のタレントパワーランキング芸人部門では明石家さんま(62才)やタモリ(72才)といった大物を抑え、見事サンドウィッチマンが1位に輝いた。芸人も含めて取材を重ねた結果分かった、彼らの人気を示す5つのキーワードを紹介する。

◆見た目とのギャップ

 まさに大人気のサンドウィッチマンだが、その特徴はなんといってもそのコワモテな風貌だ。ツッコミ担当の伊達みきお(43才)はラグビー部で鍛えたガッチリとした体格に派手な金髪、細い銀ブチメガネのスタイルはまるで任侠映画に出てくるヤクザのよう。ボケ担当の富澤たけし(44才)も、伊達と同じくラグビーで鍛えた体と鋭い目つきが印象的だ。お笑い芸人評論家のラリー遠田さんが言う。

「ふたりとも体が大きくて威圧感があるはずなんですが、会うとそれを全く感じさせない居心地のよさがある。しかも、人一倍腰が低い。芸人さんなので、どこかちょっと世の中を斜めに見ていたり、意地悪な目線があるかと思いきや、物事をまっすぐに見ている。誰かを悪く言うことで笑いをとるということもしない。“コワモテだけどイイ人”なんです」

 ライブに通うほどサンドウィッチマンの大ファンだという関根勤(64才)もこう分析する。

「よく見るとかわいい顔をしていて、伊達くんはプロゴルファーの有村智恵に似ています(笑い)。誰が相手でも偉ぶらず同じ立ち位置で接するからスタッフにも好かれる。サンドは苦労しているから、天狗にならなかった。それが結果的によかったんです」

 伊達が“同世代で嫉妬するほどおもしろい芸人”として挙げるナイツの塙宣之(40才)と土屋伸之(39才)は、彼らの“ゆるキャラ化”が人気急上昇の理由ではないかと推測する。

塙「総合1位がマツコ・デラックスさんですね。サンドウィッチマンも太り始めてから人気が出てきた。ゆるキャラみたいな体形がポイント。(2位の)綾瀬はるかが1位になるには“激太り”するしかないでしょ」

土屋「下がるだけでしょ! 太った綾瀬はるかは上がらないでしょ!」

塙「コワモテとのギャップ感だけだったら、(芸人部門で)1位を獲ることはできなかったと思う。ぬいぐるみ化してきてるんですよね」

土屋「だからライバルは芸人ではなく、パンダのシャンシャンとかじゃないかと」

 ちなみに外見から大酒飲みの印象のある彼らだが、実は下戸。飲みの席ではコーラばかり飲んでいるという。そんなギャップもたまらない。

関連記事

トピックス