• TOP
  • 芸能
  • 『大恋愛』の戸田恵梨香、この秋の恋愛ドラマの本命か

芸能

2018.10.20 16:00  NEWSポストセブン

『大恋愛』の戸田恵梨香、この秋の恋愛ドラマの本命か

脚本は名手・大石静氏が担当(番組公式HPより)

 このクールには恋愛ドラマの注目作が揃った。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
 ガッキーの『獣になれない私たち』(日本テレビ系)のキャッチコピーは“ラブかもしれないストーリー”。「かもしれない」というあたりがポイント。

「男と女の恋愛ってリアルには簡単に始まらないだろうとか、年を重ねると恋におちること自体がどんどん難しくなってくるとか、そもそも恋愛って何だっけ?とか、いろんなことを考えられるストーリーになっています」(「オリコンニュース」2018.10.9)とプロデューサーも語るように、直球の恋愛ドラマとは言えないのかもしれません。

 ということで、『けもなれ』以外の秋スタートドラマで、「恋愛ど真ん中の3作」に注目。その期待度や見所をピックアップしてみると──。

●『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系金曜午後10時)

 戸田恵梨香さんの目がうるんでいてみずみずしい。まさしく恋する瞳そのもの。感情が揺さぶられ涙腺が活発になっているからキラキラ輝いて見える。『大恋愛~僕を忘れる君と』は、その名の通り直球の純愛物語を予感させます。

 婦人科医・北澤尚(戸田恵梨香)は、同じく医師の井原侑市(松岡昌宏)と婚約している。結婚を間近に控えた尚は、引っ越しの際にアルバイト作業員・間宮真司(ムロツヨシ)と出会う。実は、真司は尚が大好きな小説の作者だった。それがじわりじわりと明らかになっていき、真司にグイグイと惹かれていく尚。

 何と言ってもこのドラマ、キャスティングが絶妙です。恋愛に没入していく尚の姿が実にイキイキとリアルに描かれ、説得力を持って迫ってきます。ストレートに感情を揺さぶれる女。会いに行きたい、と男の元へ走る女。きっぱりと婚約者に別れを告げる女を、戸田さんが体当たりで好演しています。

 一方の真司を演じるムロツヨシさんも当たり役。積極的な尚に対して、ちょっと慌てつつ柔らかく受け入れていく三枚目の役。その温かな空気がいい。とんがり系女医とクマのぬいぐるみ的ふんわり系男子。今様の恋愛物語として上手く成立しています。

 個人的には、これまでムロツヨシさんのおふざけ演技が、正直ちょっと苦手でした。しかし今作はいい意味で抑制が効いている。オレでいいの、と当惑しながら惹かれていく真司の心理が、ひしひしと伝わってくる。まっすぐの演技に軸足を置きつつ時々弾けてふざけてみせる、といった配分が、俳優ムロさんを一層輝やかせているのではないかな、と感じます。

 ただ、この恋愛物語は「若年性アルツハイマー」が切り札。だから、先の展開がちょっと心配でもある。類似の物語はわんさかあるし、これまで泣かされる経験をしてきた視聴者も多いはずです。『私の頭の中の消しゴム』などが強く印象に刻まれているために、ドラマと過去作品とをいちいち比較しながら見てしまいそう。今回の脚本は大石静さんの書き下ろし。「記憶がなくなっていく悲恋」という手垢がついたテーマを、いかにオリジナリティ・新味を加えて料理してみせるか。興味津々です。

関連記事

トピックス