• TOP
  • 芸能
  • 通が選ぶこの冬見るべき連ドラ、3作出演の川栄李奈にも注目

芸能

2019.02.01 11:00  女性セブン

通が選ぶこの冬見るべき連ドラ、3作出演の川栄李奈にも注目

川栄李奈は永野芽郁さえも食う演技が話題に(公式HPより)

 2019年1月クールで、3本の連続ドラマに出演しているのが、元AKB48の川栄李奈(23才)だ。NHKの大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK・日曜20時~)をふくめ、『デザイナー 渋井直人の休日』(テレビ東京系・木曜25時~)、『3年A組』(日本テレビ系・日曜22時30分~)に出演している。

「年女の川栄は猪突猛進とばかりに仕事を入れまくっています。もっとも、『渋井直人』の撮影はもう終えていて、今は『3年A組』に集中しているようです」(芸能関係者)

 露出が多いだけでなく、その演技にも注目。

「『3年A組』では、朝ドラで全国区になった永野芽郁(19才)さえも食う演技を見せています。このドラマでは、水泳部のイケメンマネジャー役の神尾楓珠(20才)も存在感を放っています。脚本もいいので、目が離せません」(ドラマ関係者)

 今クールのドラマの中で、ヒロインのかわいらしさで話題なのは、深田恭子(36才)が予備校講師を演じる『初めて恋をした日に読む話』(TBS系・火曜22時~)だ。ところが、コラムニストの今井舞さんは辛辣だ。

「ダイエットに失敗した深キョンは見ていられません。衣装はどれも体のラインが出ないものばかり。唯一の見所は、タイトスカートをはいても“ウエストはゼッタイに見せない”奇跡の着こなしだけ」

 常盤貴子(46才)の19年ぶりとなる日曜劇場での主演が話題の『グッドワイフ』(TBS系・日曜21時~)は、アメリカのヒットドラマのリメーク。

「タイトルと設定以外、中身は海外のものとまるで違うし、面白さもない。ただ常盤は役作りのために裁判の傍聴に足繁く通っているとか。かなり気合が入っているようですね」(芸能関係者)

 深夜枠では『新しい王様』(TBS系・火曜23時56分~)が話題を集めている。

「テレビ局の買収という禁断のテーマを、藤原竜也(36才)と香川照之(53才)のコンビで描く話題作です。ホリエモン(堀江貴文さん・46才)騒動をモデルにしているともいわれていて、当のホリエモン本人も“これめっちゃ面白いです”とSNSに書き込んでいましたよ」(別の芸能関係者)

 前出の『渋井直人の休日』も「『おっさんずラブ』のテイストのまぶし方がうますぎる」(テレビ局関係者)と注目が集まっている。主演は芸歴40年で連ドラ単独初主演となる光石研(57才)だ。

「屋外ロケで出番がないときもスタッフに声を掛けるなど和やかなムード作りをしているよう」(テレビ局関係者)

 忘れてはならないのが大河。前出の今井さんは、1964年の東京五輪をテーマにした『いだてん』を続けて見続けるドラマとしてあげた。

「時代が行き来して面倒くさいという声もあるけれど、各俳優たちの見どころがとにかく多い。あんな生き生きした生田斗真(34才)を初めて見ました」(今井さん)

 さて、あなたはどれを見届ける?

※女性セブン2019年2月14日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス