• TOP
  • 芸能
  • 1000人が選んだ史上最高にカッコいい「刑事ドラマ」ベスト20

芸能

2020.01.30 11:00  週刊ポスト

1000人が選んだ史上最高にカッコいい「刑事ドラマ」ベスト20

読者1000人が選んだ好きな刑事ドラマベスト20

 最も多くの票を集めたのは、石原裕次郎主演の『太陽にほえろ!』(日本テレビ系)だった。1972年から15年間にわたって放送され最高視聴率は37%を記録した。

「ブラインドがあると、ボス(裕次郎)の真似をして、つい少し隙間をあけて様子を窺うフリをしていました(笑い)」(63歳会社員)

 同番組プロデューサーの岡田晋吉氏が語る。

「放送当時は刑事がお堅いイメージだったなか、七曲署の同僚ひとりひとりに魅力的なキャラクターとあだ名を設定し、身近な存在として描いたからでしょう。ショーケン(萩原健一)演じるマカロニは長髪だったから、『こんな刑事はいない』と言われましたが、むしろ“当時の若者がたまたま刑事になった”という設定にしたかったんです」

 マカロニの殉職シーンは、名場面として名高い。

「まさか死ぬなんて! 『かあちゃん、あついなぁ……』というセリフが切なくて、今でも胸が熱くなる」(60歳元公務員)

 その裏事情を、岡田氏が明かす。

「マカロニの成長物語として長期番組にするはずだったのに、ショーケンが“もうやり尽くしちゃったよ”と言い出しちゃった。そこで、苦肉の策としてマカロニが殉職するという形で卒業することにしたんです。しかし、そのシーンが話題を呼び、新人刑事の殉職がパターン化したことで、結果として長期番組になった」

関連記事

トピックス