芸能

ドラマもCMも…いまや芸能界はダンス必修の時代に

 思えば、同CMに途中から加入したのは渡辺直美だった。“和製ビヨンセ”といわれた時代から彼女が大きくステップアップしたのは、やはりそのダンスのうまさだった。

 渡辺が尊敬するのはナインティナインの岡村隆史で、理由は「誰にでもわかる動きや顔で面白さを追求しているから」だというが、その岡村も、『吉本印天然素材』時代からダンスのうまさには定評があった芸人だ。

“天素”は、あの夏まゆみ氏の指導を受けていたこともあり、メンバー全員に“心得”があるのだが、特に雨上がり決死隊の宮迫博之やFUJIWARAの藤本敏史、そして岡村がダンス名人。彼らもまた「踊れる」ことで、その仕事の幅を広げてきた。

 CMや、お笑いだけではない。「踊れる」ことは、連続ドラマでも“役に立つ”。そう、エンディングの“恋ダンス”が視聴率アップの一因にもなっていた『逃げるが恥だが役に立つ』(TBS系)を思い出していただきたい。

 キャストが次々登場するエンディングで、もっともキレッキレなダンスを披露していたのが古田新太だ。少々のレッスンでは完コピできない「プロのためのダンス」といわれた“恋ダンス”を涼しい顔で踊っていた古田。

 長年、舞台で鍛えてきた軽やかな身のこなしとダンスの腕前は、『あまちゃん』(NHK)で「太巻さん」=元ダンサーのアイドルプロデューサーを演じたときにも発揮された。劇中歌『暦の上ではディセンバー』の振付師が、「実は古田さんがいちばんうまい」と評価し、覚えの速さにも驚いていたとも聞く。

 その古田は『大和ハウス』の「ベトナムにも」篇で10名ほどのプロダンサーのセンターでキレッキレのダンスを披露したことも。「踊れる」ことが仕事を広げた典型ともいえる。

 若手女優では、“踊れる”土屋太鳳が、Sia(シーア)のMVで圧巻のダンスを披露したのをきっかけに、『NHK紅白歌合戦』で郷ひろみのバックを務めたり、西武鉄道のCM「ちちんぷいぷい2017春夏」篇ではパパイヤ鈴木振付のコミカルなダンスを踊ったりと、明らかに仕事の幅を広げている。また、窪田正孝のようなイケメンや加藤諒のような個性派若手俳優らのダンスも「うますぎる」とファンの間では話題だ。

“恋ダンス”大ヒット以降、「踊るドラマ」は激増し、夏に向けて「踊るCM」の新作も増えつつある。中学校のみならず、芸能界でも「ダンス」は「必修」という時代がやってきた。

関連記事

トピックス

河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン