芸能

最新芸能記事のRSS

山根前会長、田中理事長…スポーツスキャンダルの“主語”が変化

2018.08.11 07:00

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、辞任した日本ボクシング連盟の前会長・山根明氏の騒動をはじめとしたスポーツスキャンダルのワイドショーの取り上げ方について。

 * * *
 夏休みやお盆休みということでワイドショーに“企画モノ”が増えるこの時期。週刊誌も合併号となり、芸能ネタも、いわゆる「夏枯れ」になるので、例年ならば、「上半期の芸能界を振り返る」といった芸能VTRでお茶を濁すこととなる。

 だが今夏は違う。日大アメフト部の悪質タックル問題について、ワイドショーは一部で「本丸」とも呼ばれている田中英壽理事長の“生登場”待ち。それに反して、カメラの前で語りまくる“ブラック・アンガールズ”の相方、日本ボクシング連盟の終身名誉会長、山根明氏は”決断”を発表した。

 アメフトやボクシングだけではない。パワハラ問題に揺れたレスリングでは、「伊調さんは選手なんですか?」のコメントだけが切り取られた感があった至學館大学の谷岡郁子学長や、まさかの退任に追い込まれた栄和人元監督も、今年上半期は“ワイドショースター”となった時期が長かった。

 その前には大相撲の理事長選の票読みをトップニュースにしていたワイドショー。相撲部屋の親方衆というのも掘れば掘るほどワイドショー的なキャラの持ち主が多く、主役の貴乃花親方と共に、ワイドショーの数字アップに貢献した。

 当事者だけではない。わかりやすい大相撲を例に説明すると、視聴者の誰もが知っている貴乃花親方の母親で、兄の若乃花(現・花田虎上)と2人の横綱を育て、二子山部屋のおかみさんとして、彼らが現役時代からワイドショーの標的となっていた藤田紀子さんは、去年から今年にかけての一連の大相撲騒動で、『バイキング』(フジテレビ系)や『ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)に連日、呼ばれていた時期があった。

 自身も明言していたように、今の貴乃花親方とは疎遠のため「わからない」ことも多いのだけれど、彼女が出ると「なぜか分計(視聴率の毎分グラフ)が上がる」とは某局芸能デスクの弁。以前、デーブ・スペクター氏の「スペクター・コミュニケーションズ」に所属していた紀子さんが、しばらく間をおいて、現在、生島ヒロシ氏の「生島企画室」に移籍していることでも、タレントとして“オイシー人”だとわかろう。

 相撲のコメンテーターでは、フジテレビ系のワイドショーやニュースに早朝、午前、昼、午後、夕方と、一日2~3番組を掛け持ちしていた相撲リポーター、横野レイコ氏の活躍が目立っていた。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP