芸能

親友同士だった満島ひかりと安藤サクラが絶縁状態になるまで

独立後、仕事のオファーは自分でさばいているという満島ひかり


 2人は私生活でも歩を合わせ、2010年に満島が映画監督の石井裕也氏(35才)と結婚すると、安藤は2012年に柄本佑(31才)と結婚。

 女優としての成功は満島の方が早く、2011年から3年連続で日本アカデミー賞の優秀助演女優賞を受賞、2013年には民放ドラマ初主演の『Woman』(日本テレビ系)が高く評価された。以降、『トットてれび』(NHK)、『カルテット』(TBS系)、『監獄のお姫さま』(TBS系)と人気ドラマの出演が続いた。

◆しかし状況は大きく変わる…

「満島さんとすれば、“そろそろ朝ドラの主演も”と期待が高まっていたと思います。ところが2017年10月、突如、サクラさんが朝ドラ制作側からオーディションもなく、『まんぷく』主演の単独オファーを受けた。親友の朗報を喜ぶよりも、“なんで彼女が先なの? 許せない”とショックが大きかったようでした」(前出・知人)

 私生活でも明暗が分かれた。満島は2016年5月に石井氏との離婚と永山絢斗(29才)との交際が明らかになり、その後、永山との破局が報じられた。一方の安藤は2017年6月に長女の出産を発表、家族の全面的なサポートを受ける。

「満島さんのフラストレーションがたまったのはそれだけじゃない。サクラさんの仕事の中に、両親の影がチラつくことがあったそう。それは彼女の“被害妄想”かもしれないが、“親の七光で仕事をとっている”とさえ思うようになってしまったようです」(前出・芸能関係者)

 安藤の父は俳優の奥田瑛二(68才)、母はエッセイストの安藤和津(70才)。夫も夫の両親も全員俳優という、いわゆる芸能一家である。

 一方の安藤も満島への不信感を募らせていた。象徴的だったのが昨年10月、東京国際映画祭でのトラブルだ。

「この日は満島さん、サクラさんに宮崎あおいさん(32才)、蒼井優さん(33才)の同学年4人がレッドカーペットに並びました。多忙な女優が揃う中、こだわりの強い満島さんが直前で“衣装を変えたい”“レッドカーペットに集中したいから取材は中止したい”などと求めた。他の3人は“もう満島とは共演したくない”とおかんむりに。サクラさんは“わがままもいい加減にして”と満島さんを咎めたそうです」(別の芸能関係者)

 最後の一手が、今年3月に突然満島が事務所を辞めてフリーとなったことだった。

「満島さんとしては、停滞からの脱却、成長のための独立だったのでしょうが、サクラさんからすれば、事務所への恩を仇で返すような行為。東京国際映画祭でのいざこざもあり、ここから互いに距離を置くようになった。今では連絡すらとっていないと聞いています」(前出・芸能関係者)

 満島の媚びない姿勢は同性からも多く支持されてきた。演技力も「別格」と称賛される。その彼女が、こだわってなお手にできなかった朝ドラ主演と、手にした友人――女優であるからこその“絶縁”。そのぶつかり合いは共演作で見せてほしい。

※女性セブン2018年11月29日・12月6日号

関連記事

トピックス