• TOP
  • 芸能
  • 渡哲也、高畑裕太、斉藤由貴… NHK大河降板劇の数々

芸能

2019.11.26 11:00  週刊ポスト

渡哲也、高畑裕太、斉藤由貴… NHK大河降板劇の数々

ショーケンは病気で降板(写真/共同通信社)

 来年の大河ドラマ『麒麟がくる』に準主役級で出演が決まっていた沢尻エリカ(33)が逮捕されたことで、代役探しが大きな注目を集めた。様々な女優の名前が噂されたが、若手の川口春奈(24)に決まり、これから撮影をして1月放送に間に合わせるという。1963年に『花の生涯』が放送されてから、2021年放送予定の『晴天を衝け』で60作を数える大河ドラマを振り返ると、様々な理由で出演俳優が降板した歴史がある。そのなかから、代表的な事例を紹介しよう。

●『勝海舟』(1974年) 勝海舟役 渡哲也→松方弘樹

 渡は第9話収録時に肋膜炎が発覚し大河の長い歴史上で唯一、主演俳優の降板となった。『勝海舟』では脚本の倉本聰氏もスタッフとの不和で降板しており、スキャンダラスな作品となった。

●『太平記』(1991年) 新田義貞役 萩原健一→根津甚八

 慢性真珠腫を患い、三半規管の機能を失って直立困難となったショーケン。自身も後に「生涯最大の難病だった」と発言している。

●『功名が辻』(2006年) 堀尾吉晴の妻“いと”役 杉田かおる→三原じゅん子

 杉田は初回の撮影をドタキャンし、その後「スケジュールの都合」と出演を辞退した。離婚発表後だったため、それが原因とも囁かれた。

関連記事

トピックス