• TOP
  • 芸能
  • 浅田美代子の動物愛護運動 さんまほか出品者のお宝ザクザク

芸能

2017.04.15 07:00  NEWSポストセブン

浅田美代子の動物愛護運動 さんまほか出品者のお宝ザクザク

浅田美代子が代表を務める『Tier Love』(公式HPより)

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、浅田美代子の動物愛護運動にエール。

 * * *
「一般的な動物愛護のチャリティーやボランティアは、なんとなく堅苦しい空気になりがち」
「楽しそう、共感できる…と、とりあえず参加するだけで、知らないうちに社会貢献できちゃってる…なんていうのが理想」

 実行委員会の代表として女優の浅田美代子の名前がある『Tier Love(ティア・ラブ)』。集められた収益を、動物愛護団体を通じ、動物の保護、福祉に役立てることを目的とし、捨て犬、捨て猫、動物虐待の防止、飼い主のいない犬や猫の保護など、「本当の意味での殺処分ゼロ」を目指しているという。

 浅田美代子といえば「犬」、それも「保護犬」…というのは、いまや芸能マスコミの常識。4頭の保護犬と暮らしている浅田は、動物保護団体のイベントに積極的に参加したり、全国の小中学校で開かれている「いのちの教室」で、子供たちに説いたりしている。

『HERS』(光文社刊)では、私物のハイブランド品、何十品をも惜しみなく出品し、収益を動物愛護団体に寄付することもしてきた。

 2年半前、『女性セブン』の対談で、浅田が動物愛護に傾倒することになった“きっかけ”を聞いてみた。「母が亡くなったとき、私は犬たちに本当に助けてもらったので、何か恩返しができないかと思って」パソコンで犬を保護している多くの動物愛護団体の存在を知ったことから、浅田の“活動”始まったという。

 4月2日より、NHK BSプレミアムでオンエアしているドラマ『PTAグランパ!』に主演の松平健の妻役で出演している浅田。会社を定年退職し、出戻りの娘(真飛聖)が引き受けるはずだったPTAの役員のピンチヒッターとして孫の小学校に出向いた松平の妻役ということは、真飛聖の母親役でもあり、孫が小学校に通う“おばあちゃん”役でもある。

『時間ですよ』(TBS系)第3シリーズの“お手伝いさん役”や、『赤い風船』を歌っていたデビュー時を御存知の方は「え? 美代ちゃんがおばあちゃん?」と衝撃を受けることだろう。

関連記事

トピックス