• TOP
  • 芸能
  • 紅白初出場組分析 注目はキャリア23年演歌歌手・市川由紀乃

芸能

2016.12.18 07:00  女性セブン

紅白初出場組分析 注目はキャリア23年演歌歌手・市川由紀乃

宇多田ヒカルも紅白初登場で生歌を披露

 いよいよ今月末に行われる紅白歌合戦。11月24日に発表された出場歌手46組を見て、驚いた人も多いのではないだろうか。既に“紅白卒業”を公言していた細川たかし(66才)に加え、和田アキ子(66才)、伍代夏子(54才)、藤あや子(55才)など、ベテラン歌手の名前がなかった。このラインナップについて、音楽評論家の富澤一誠さんが解説する。

「今年の紅白は若返りを図り、若者の視聴者にターゲットを向けています。しかし、初出場者の中には、女優デビュー40周年の大竹しのぶやデビュー20周年のPUFFY、再結成のTHE YELLOW MONKEYなど、新鮮味に欠ける顔ぶれも多いというのが正直な印象ですね(笑い)」

 紅白は本来、その年を代表するヒット曲を歌うステージ。しかし近年、誰もが知っているヒット曲が生まれにくくなったことで、サプライズ要素が強まっているのは事実。その中でも、富澤さんが注目する今年の初出場歌手を聞いた。

「auのCMソング『海の声』が大ヒットした桐谷健太や、社会現象となった映画『君の名は。』の音楽を手掛けたRADWIMPSの出場は、紅白の在り方としてふさわしい選出です。また、市川由紀乃は女性演歌歌手の初出場としては13年ぶりで、実力派として注目されています。“生歌唱”が決定している宇多田ヒカルもどんな演出で登場するのか、期待しています」

 出演者が変わっても、やっぱり私たちは年の瀬に紅白が気になってしまうのだ。それでは、初出場組の顔ぶれを見てみよう。

◆大竹しのぶ(59才)
 言わずと知れた名女優の出場には、「この世界に入って47年。私自身がいちばん驚いております」と本人もコメント。豊富なミュージカル経験を持ち、歌番組では中島みゆきのカバーも披露した大竹に、「圧倒的な表現力を見せてほしい」とNHKは太鼓判を押す。

◆宇多田ヒカル(33才)
 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主題歌『花束を君に』で6年ぶりに活動を再開。今年9月には約8年ぶりとなるニューアルバム『Fantome』も発売した。ロンドンから中継での出演が噂されるが、待望の“生歌”にファンの期待が集まる。

◆欅坂46
 秋元康プロデュースによる平均年齢16.8才のアイドルグループで、乃木坂46の妹分。今年4月に発売したデビュー曲『サイレントマジョリティー』が発売1週間で26.1万枚を売り上げ、女性アーティストのデビューシングル初週売上歴代1位を記録した。デビューからわずか8か月。驚異のスピード出場!

◆RADWIMPS
 邦画歴代2位となる大ヒット映画『君の名は。』の主題歌『前前前世』をはじめ、劇中の音楽すべてを手がけた。メンバーは、野田洋次郎(31才)、武田祐介(31才)、山口智史(31才)の三人。俳優としても活躍しアカデミー賞新人賞も受賞している野田は、かつて女優・吉高由里子(28才)との熱愛も報じられた。

関連記事

トピックス