• TOP
  • 芸能
  • 平成30年間のCM女王の系譜、富田靖子から白石麻衣まで

芸能

2019.03.03 07:00  週刊ポスト

平成30年間のCM女王の系譜、富田靖子から白石麻衣まで

90年、91年と1位の宮沢りえ

 過去30年間のCM女王の変遷を辿ると、平成初頭は群雄割拠の時代だった。毎年のように上位陣が入れ替わる中、1990年代後半に覇権を握ったのが飯島直子。1994年から出演した日本コカ・コーラ「ジョージア」のCMで人気が沸騰し、1997年に初の女王に輝くと、1999年から3連覇。「元祖癒し系」として、お茶の間から絶大な支持を集めた。

 2000年代中盤以降は、上戸彩が「絶対女王」に君臨。19歳だった2004年以降、2005、2006、2009、2010、2015年と女性最多の6回もの年間トップに輝いた。10代から20代、さらに結婚・出産を経た30代に至っても戴冠するのはきわめて異例。スキャンダルと無縁の清純派として高い好感度を保ち続けたことで、見事に「平成のCM女王」の座を射止めた。

 次期CM女王として期待を集めているのが広瀬すずだ。2015年から4年連続の2位。シルバーコレクターに甘んじているのは否めないが、常に上位にランクインする安定感は素晴らしい。新元号となる2019年こそ、悲願の年間1位を奪取できるだろうか。

◆平成のCM女王一覧
(左から年代・タレント・出演社数・主な出演CM)

【1989年=平成元年】富田靖子:9社、JR四国、雪印乳業「ナチュレ」

【1990年】宮沢りえ:9社、大塚製薬「ポカリスエット」、富士通 「FM TOWNS」

【1991年】
小泉今日子:8社、JR東日本、資生堂「スーパーマイルドシャンプー」、三菱電機「霧ヶ峰」
牧瀬里穂:8社、江崎グリコ「ポッキー」「パナップ」、角川文庫
宮沢りえ:8社、パイオニア「セルフィー」、カルビー「ポテトチップス」

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス