• TOP
  • 国内
  • 美智子さま「皇族観が相容れない」 紀子さまに不信感も

国内

2018.04.21 16:00  女性セブン

美智子さま「皇族観が相容れない」 紀子さまに不信感も

 鬱積する美智子さまのご不安。それは眞子さまの「お相手選び」に表出した。前出・宮内庁関係者が語る。

「女性皇族の中には、“恋愛と結婚は別”と割り切って考えているかたもいらっしゃいます。自由に恋愛を楽しまれても、皇族としての結婚相手選びにはまた別の『判断基準』を設けられているわけです。ですが、眞子さまは小室さんとの自由恋愛の延長上に結婚を見出された。

 美智子さまは、本来であれば、そこに一度ストップをかけて見極めるべきは母親である紀子さまの役割だとお考えだったのではないでしょうか。紀子さまは、結婚以来美智子さまの一挙手一投足から皇族としての振る舞いを学ばれてきました。そんな紀子さまの努力を美智子さまもご覧になっていらっしゃいました。

 ただ、紀子さまなりに真剣に考えられた時代に即した教育方針だったとしても、美智子さまにとってはこれまでに実体験から作り上げられたご自身の皇族観とは相容れない部分があったということも否めないでしょう。紀子さまの子育てを心配された美智子さまが、それとなく助言されたこともあったと聞きますが…。

 それでも今回、皇室を揺るがすほどの大問題を引き起こすことになってしまいました。美智子さまは、紀子さまに“決定的な不信感”を抱かれてしまったようなのです。紀子さまも美智子さまのご心中がおわかりになるからこそ、足元が崩れるような、震えるような不安をおもちのようです」

 別の宮内庁関係者はこう話す。

「小室さんの家族のトラブルが表沙汰になって以来、紀子さまは“皇后陛下に合わせる顔がない”とお嘆きになっているといいます」

 2月1日の夜、美智子さまは雪の舞う中、急きょ雅子さまの元へ足を運ばれた。きっかけは、その日発売された『週刊新潮』だった。記事を要約すると、美智子さまは、雅子さまが長期療養中なので、皇后としての職責の一部を紀子さまに引き継ぎたいとお考えで、「これからは、秋篠宮妃をよろしくね」と周囲にお話になっているという内容だった。

「ですが、一連の騒動を経て、どうやら美智子さまのお気持ちは記事の内容とは正反対だったようです。美智子さまが“紀子さまこそ皇后にふさわしい”とお考えになっているとも読める内容に強い怒りを覚えられたようです。完全に否定しなければと思ったからこそ、前代未聞の雪夜の強行軍に出られたのでしょう。雅子さまへのフォローという意味合い以上に、“紀子さまには重責は担えない”という美智子さまの諦念にも似たお気持ちがあったようなのです」(前出・別の宮内庁関係者)

 美智子さまが、「皇后」という立場にいらっしゃる時間はあと1年。だが、美智子さまの憂いは尽きない。

※女性セブン2018年5月3日号

関連記事

トピックス