• TOP
  • 芸能
  • フジに愛され過ぎたカトパン 八木亜希子アナになれるか?

芸能

2018.04.25 07:00  NEWSポストセブン

フジに愛され過ぎたカトパン 八木亜希子アナになれるか?

3月で終了した『スポーツLIFE HERO’S』(公式サイトより)

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、カトパンの今後の可能性について考察。

 * * *
 4月に入り、元フジテレビの「カトパン」こと加藤綾子アナの“新しいお仕事”のニュースが尽きない。

 まずは22日にスタートした嵐の二宮和也主演のドラマ『日曜劇場「ブラックペアン」』(TBS系)。カトパンは「木下香織」なる元看護師の治験コーディネーター役だ。

 続いて、現在、NHKの『連続テレビ小説「半分、青い。」』の第4週(4月23日~28日)にアナウンサー役として登場。

 そして、“本業”では、産休に入る仲間由紀恵に代わって『ミュージックフェア』の司会を務めることも発表された。古巣のフジテレビの『めざましテレビ』で長年共演してきた軽部真一アナと再びタッグを組むというワケだ。

 フリー転向後に担当していた『スポーツLIFE HERO’S』が今年3月で終了することがわかったとき、「あのカトパンでさえ、フリーになったら難しいのか」と一部メディアでは言われていたものだが、そうではない。

 局アナの場合、退社して半年は他局に出ないという“暗黙の半年ルール”が存在すると言われているが、カトパンのように、局アナ時代、「一人に集中し過ぎているのでは?」と言われるほど売れっ子だった女子アナは、退社して一年は、“古巣”に対し、忠誠を誓うものなのである。

 逆に、退社した途端、ホイホイ(!)他局に出るアナウンサーというのは、出身局から大切にされていなかったか、昔は大切にされていたが他部署に異動させられたり、干されたりして久しい場合が多い。

 あれだけの競争率を勝ち抜いて、しかも在京キー局に入社したのに「こんなハズではない」「私の実力は、他局なら活かせる」とばかりに古巣に後ろ足で砂をかけるかのように、他局でレギュラーをもつのである。

関連記事

トピックス