• TOP
  • 芸能
  • ドラマヒーロー史に異常事態、ダメ男「3低男子」続出し人気

芸能

2018.09.08 07:00  女性セブン

ドラマヒーロー史に異常事態、ダメ男「3低男子」続出し人気

「3低男子」にハマる女子が続出中

 何をしても続かない飽き性で元ヤンキー。現在はパン屋の店長でいい加減な男は視聴率トップのドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系・火曜22時~)の佐藤健。その“ライバル”竹野内豊も超デキる妻・綾瀬はるかに仕事では全くかなわないサラリーマン。

「1000円ちょうだい」。あまりに爽やかに彼女にお金をせびり、働かないことに全力を尽くすヒモ男は『ヒモメン』(テレビ朝日系・土曜23時15分~)の窪田正孝。

 佳境を迎えている朝ドラ『半分、青い。』(NHK総合・月~土曜8時~ほか)で主人公・鈴愛に「死んでくれ!」とまで罵られたのは夫役の間宮祥太朗。「フリーターになる。家族は、邪魔になる」と映画監督の夢を追って家族を捨て、離婚する。石原さとみ(31才)に「下々の人間」「アブラムシ」と見下されても絶対に怒らないのは『高嶺の花』(日本テレビ系・水曜22時~)の峯田和伸(40才)。同じく『高嶺の花』、千葉雄大(29才)は鍛えられた裸体を披露しつつ、平然と“母娘どんぶり”を続ける──。

 驚くなかれ、このダメンズたちは全員、今期のドラマでヒロインと恋する男たちなのだ。性格よし、顔よし、学歴よしのヒーローが活躍していたのは今や昔。ドラマヒーロー史に異常事態が起きている──。

◆「優しい」「暴力をふるわない」「価値観が合う」

 だからこそ、今までよりも女性を虜にしているのか、「3低男子」にハマる女子が続出中だという。

『スチュワーデス物語』(1983年、TBS系)の村沢(風間杜夫・69才)や『GOOD LUCK!!』(2003年、TBS系)の新海(木村拓哉・45才)など、イケメン×男気×花形職業という、キング・オブ・“3高”に憧れていた気持ちはどこにいってしまったのか。

『ショムニ』(1998年、フジテレビ系)でも、女性社員の憧れの的といえば、財閥の御曹司で海外帰りのエリート・右京(石黒賢・52才)だった。一見「3低」と見えそうな『やまとなでしこ』(2000年、フジテレビ系)の鮮魚店・中原(堤真一・54才)だって、数学者として将来を嘱望された隠れエリートだったのに。だが、そんな高学歴・高収入・高身長という「3高男子」が、結婚したい男の理想ともてはやされたのも遠い昔。

 現在、女性が結婚相手に求める条件として重要視するトップ3は「3高」ではなく、「優しい」「暴力をふるわない」「価値観が合う」ことだという(2017年、パートナーエージェント調べ)。

 言い換えれば、当たり前の生活を送るための“最低限”レベル=「3低」が相手に求める条件だというわけだ。

 18才年下の韓国人は夫という名の“ヒモ”だと語る、作家の岩井志麻子さんが「3低」の魅力をこう解説する。

「大事なのは、いつも機嫌がいいってことですよ。金持ってても、不機嫌な奴が家ん中にいたらたまらんじゃないですか! ヒモって、犬や猫と一緒。うちはかわいいわんこが2匹いますが、私が病気になっても看病してくれないし、助けてはくれないですよ。でも、帰宅すると全身で大喜びしてくれる。それでわが家で最も生産性のある私が嬉しくなって、こいつらのために稼がなきゃって働く気になる。稼ぐ女を見つけてその女に気に入られる、女を働く気にさせるヒモでいられるのも才能なんです。ヒモの家元から言わせていただくなら、『ヒモメン』のヒモはとてもいいヒモ。窪田くんが“ちょーだい”って愛嬌たっぷりにおねだりするのはアリなんです」

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス