• TOP
  • 芸能
  • 要潤、イケメン俳優から脱皮 きっかけは「うどん県」

芸能

2019.02.13 07:00  NEWSポストセブン

要潤、イケメン俳優から脱皮 きっかけは「うどん県」

朝ドラでの演技が光る要潤

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)にも出演する俳優・要潤について。

 * * *
 2月21日で38才の誕生日を迎える、アラフォーのイケメン俳優、要潤。
 
 現在オンエア中の『まんぷく』では、ヒロイン・安藤サクラ演じる福子の姉・克子(松下奈緒)の夫・忠彦を好演している。

 忠彦の職業は画家。定収入がなく、一日中、自宅内のアトリエにこもりきりの忠彦に、当初、義母・鈴(松坂慶子)は嫌悪感を抱いていた。
 
 だが、そのターゲットが福子の夫・萬平(長谷川博己)に向けられるようになり、さらには、戦場で目を負傷し、緑色と赤色が判別できなくなってから描いた絵に高値がつくなどしてから、義母との関係は好転していく。

◇『まんぷく』では“いいスパイス”として存在感

 だが、絵画モデルとして登場した「ゲスの極み乙女。」の「ほな・いこか」こと、さとうほなみや、忠彦の作風を大きく変えるきっかけを作った秀子(壇蜜)に対し、心配したり嫉妬したりする克子(松下)と共に、鈴もまたうろたえることに。
 
 こうした忠彦を中心に繰り広げられるシーンは、即席ラーメン作りがなかなかうまくいかず、単調に見えていた萬平と福子のシーンに挟まりスパイスとなっていたものだ。
 
 加えて福子や克子の長姉役で若くして他界した咲(内田有紀)の元夫・真一(大谷亮平)と萬平(長谷川)、そして忠彦(要)という、今井家3姉妹の夫3人のグループショットは、朝からありがたい気分になったものである。

『まんぷく』の忠彦役に要潤が起用されたのは、妻役の松下奈緒の高すぎる身長が無関係ではないと思われる。 

関連記事

トピックス