• TOP
  • 芸能
  • 西島秀俊×奥貫薫 好感度CMにおける「引き算効果」

芸能

2017.12.31 07:00  NEWSポストセブン

西島秀俊×奥貫薫 好感度CMにおける「引き算効果」

 実は常にトップを争っているのが『三菱電機』のCM。杏とオードリー若林正恭が夫婦で、戸田恵子が義母の人気シリーズだが、“働くママ”たちにとっては、妻や母に大量のキャベツの千切りをさせたり、エアコンの設定温度で妻とモメたりする亭主関白な若林はユーモアに溢れ、CMとしての好感度は高いが、それよりも、「奥貫さんをワンオペにさせない西島さんが理想」と作品の出来とは違うところで話題になっているのだという。

 件の『日経MJ』には、「売り上げに貢献しそうなタレント・有名人」の男女別ベスト10も掲載されており、西島は5位、遠藤憲一は6位、綾瀬はるかは4位と『パナソニック』のCM出演者は好成績だ。

 なかでも遠藤憲一は、ニホンモニター調べの「2017タレントCM起用社数ランキング」で男性部門の第一位に輝いたことが記憶に新しい。近年、連続ドラマでも欠かせない役者の一人で、特に『ドクターX~外科医・大門未知子~』での「海老名先生」こと海老名敬役は、「遠藤憲一そのもの」との声もある。

 つまり、“いい人”キャラで、ちょっと気の小さいところがあり、米倉涼子演じる大門未知子にピシャリと言われると、すぐに小さくなってしまう。有名な話だがプライベートの遠藤は恐妻家で、いまの自分があるのは敏腕な「妻のお陰」と公言している。

 現場にインタビューに出向いた記者らを気遣い、「僕なんかでいいのかな」と遠慮し、自分の話より米倉について「涼子ちゃんは、まさに大門未知子なんだよな。NGを出さないんだよ。失敗しないんだよ」などと率先して話す。

『パナソニック』のCM撮影でも、「こんな美女に囲まれて」と恐縮しつつ、自分の言葉で商材の感想を述べたり、「欲しい」「買いたい」と目を輝かせたり、同社のHPやプレスリリースにて使いどころのあるコメントを連発するのが遠藤憲一なのである。これは、オファーが途切れないハズだと思った。

 そして、ランキングには入っていないが、そうした機会で、自分のライフスタイルをチラ見せしながら、主婦やママとしての意見をしっかり述べるのが奥貫薫なのである。

 かつて「泣きの奥貫」と言われた人気CMガール時代を経て、連続ドラマや映画などには欠かせないバイプレーヤー女優となった奥貫。『パナソニック』では、西島秀俊の妻役であり、働くママ役だが、いわゆるママタレとは異なり、モード感があるうえ、女優として確かな演技力と、ドラマ同様、決して暑苦しくならない涼やかな存在感があるため、クリエイター心をくすぐるのが彼女の真骨頂。私は昔から、彼女と小泉今日子とが被る部分があるように思っているところだ。

 主演俳優の西島に主演女優の綾瀬、そして怖い顔の遠藤と、「お腹いっぱい」になりそうな布陣にあって、奥貫がいい意味でマイナスしてくれているお陰で、ひじょうに心地よく、押しつけがましくもないのに、しっかりと記憶に残るCMになっている。

『パナソニック』でいうと美容家電シリーズのCMが印象的な水原希子は、同年代の女性はもちろん、かなり上の年代の女性にまで知名度と高感度が高いタレント。駒井蓮は2018年、津田寛治とのW主演映画『名前』が公開予定の透明感溢れる新進気鋭の女優である。

 足し算や掛け算がトレンドのCM界だが、グループショットが物を言うCMの場合は「引き算」も必要なのかも。2018年末のCM回顧企画が今から楽しみだ。

関連記事

トピックス