• TOP
  • 芸能
  • 「W主演」ドラマ急増 背景に単独主演はれるスターの減少も

芸能

2019.04.23 16:00  NEWSポストセブン

「W主演」ドラマ急増 背景に単独主演はれるスターの減少も

 もちろん、これまでもW主演ドラマがなかったわけではない。例えば1988年、社会現象を巻き起こした『抱きしめたい!』(フジテレビ系)は浅野温子、浅野ゆう子のW主演。1993年の『振り返れば奴がいる』(同系)も主演は織田裕二と石黒賢だった。

 だがこれまで述べてきたように、1つのクールにこれだけ「W主演」作品が集中することが今まであっただろうか。

 テレビドラマだけではない。映画界でも「W主演」が“流行っている”。
 
 今年すでに公開されたものだけでも『雪の華』登坂広臣&中条あやみ、『翔んで埼玉』二階堂ふみ&GACKT、『あの日のオルガン』戸田恵梨香&大原櫻子、『九月の恋と出会うまで』高橋一生&川口春奈、『君は月夜に光り輝く』永野芽郁&北村匠海などがある。

 さらにこの先に封切られる予定、もしくは実写化が発表された「W主演」映画も、横浜流星&中尾暢樹『チア男子!!』、坂口健太郎&吉田鋼太郎『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』、三浦貴大&成海璃子『ゴーストマスター』、堤真一&ナインティナイン岡村隆史『決算!忠臣蔵』、松本穂香&渋川清彦『酔うと化け物になる父がつらい』、上白石萌音&山崎紘菜『スタートアップ・ガールズ』など多数控えている。

◇突出したカリスマスターの減少も

 こうしたW主演が増えた遠因としては、例えば木村拓哉、米倉涼子、綾瀬はるか、堺雅人らのように単独主演で視聴率、あるいは興行収入が見込めるスターが少なくなっていることもあるだろう。つまり2人タッグを組むことで、力を補い合う狙いだ。今の時代、そうした孤高の存在を立てるよりも「2人」が物語を織りなす作品のほうが、親近感が持たれるのかもしれない。

 ただ結局は、単独主演でもW主演でも、大事なのはそうした”看板”より内容である。「W主演」という聞こえのいい響きを裏切らない作品を期待したいところだ。(芸能ライター・飯山みつる)

コメント 2

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス